こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。

前回の記事では、「あなたに劇的な変化をもたらす成功へと導く3つのステップ」をお伝えしました。

今回は、成功者たちが知っている時間の使い方をご紹介していきます。

ある成功者は言います。「早起きできるようになれば、達成できないことは何もなくなる。」

大富豪になる第一歩は早起きすることなのかもしれません。

お金を稼ぐコツを身に着けてから、早起きの価値を知りました。

毎朝、出社時間ギリギリになるまで寝ているようでは、他の目標を達成する時間は残されていません。

早起きが苦手という人は、この本に具体的な「早起きへのステップ」が紹介されているので参考にしてください。

早起きのすばらしい効果

  • より多くの仕事をこなせる
  • より重要な課題をこなせる
  • より早くキャリアアップできる
  • 仕事で一目置かれる
  • 収入が増える
  • 運動に多くの時間を割ける
  • より健康になる
  • より幸福になる

変化を目指すなら1日の「最初」が肝心

誰でも調子の良い日、悪い日があります。調子の良い日は、仕事もサクサク片付き、なんとも充実感あふれる気分です。しかし、調子が悪い日は、何をやってもイライラしたり、思うように物事が運ばないものです。

だとすると、もし、調子の良い日を継続させることができれば、我々の人生は素晴らしいものになるのではないでしょうか。

最高の1日を送る方法は、最初にすべきことを最初にすること

自分の決めた優先順位に従って、特に重要なことを最初にすませるようにしましょう。

遅くとも6時半には起床し、7時半には仕事に取り掛かりましょう。

最初の1時間は最も重要なゴールに通じる課題に取り組みましょう。その次の1時間はその次に優先順位が高いもの、というように時間とタスクを区切って活動しましょう。

重要度の低い仕事や他の人から依頼されたことは”その後”です。

稼ぐ時間を作る4つのポイント

有限である時間を人より多く持ち、幸福な未来のために投資する時間を作るなら、節約できる時間を節約するしかありません。

以下の4つの方法で時間を節約してみましょう。

シャワーは2分

もし15分のお風呂タイムを2分にできれば、1年間で79時間を節約できます。

ランチは自席で

昼食に1時間もかけるのは時間とお金の無駄です。自分の机で食べれば、1年間で250時間も節約できます。

ミーティングは短く

1時間のミーティングを15分に収める工夫をしましょう。例えば、テーマを1つに絞る、参加すべきひとだけ参加する、事前に会議の内容を書いたメモを回覧するなど、様々な工夫はできます。1年間に100回ミーティングを開くとしたら、75時間節約できますし、他の人も同じように時間を節約できます。

メールの返事は効率的に

メールを書くのは、1日1回だけ。それも1日の終わりにまとめて行います。こうすると100通の返事を書くのに合計1時間半かかっていたのが、約45分ですみます。1年で250日メールをチェックするなら、185時間を節約できます。

生産性を最大限に伸ばす時間配分法

1日は24時間と決まっています。これは皆が同じ条件です。しかし、この時間をどうやって使うかによって、成功できるかどうかが決まってしまいます。

そこで、何にどれくらい時間を費やすか、目安を持っておきましょう。

1日=24時間

  • 7時間の睡眠
  • 4時間の計画・準備・読書
  • 8時間の行動
  • 5時間の交際、休養、レクリエーション

「行動」とは、具体的な仕事のことです。「計画」「準備」は、仕事に取り掛かる前に調べ物をしたり、最善の方法を考えたりすることです。

「人生で成功をおさめるためには、毎日準備に3時間〜4時間をかけ、8時間〜9時間は行動に充てる必要がある」というのが結論です。

あなたの1日はどうですか? 平均的なタイムスケジュールを書き出して、上のリストと比べてみましょう。

この書籍「大富豪の仕事術」の中には、

突き詰めていけば、自分のゴールを実現することは、時間の使い方を考えることになる。
つまり、何をするか、そして、何をしないかということだ

と書かれています。

さぁ、あなたは、時間をうまくコントロールできる人間になったら何をしますか?

スポンサードリンク



Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA