こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。

この記事では、広告やダイレクトメールの歴史を築いてきた歴史的なマーケターとその書籍をご紹介していきます。

広告・セールスライター・マーケター必読の6冊です。

「広告科学の創始者」と呼ばれる、クロード・ホプキンス。

100年も昔に「科学的広告法」という概念を提唱し、広告の唯一の目的は「ものを売ること」だと明確に捉えた。

広告とプロモーションの世界を一新した彼の手法は、今なお色褪せず私達を魅了する。

彼は、どのようにして新しい広告の世界観を作り上げたのだろうか?

 

伝説のコピーライティング 実践バイブル

「哲学的広告マン」と呼ばれる、ロバート・コリアー。

1920〜1930年代、ダイレクトメールで今の金額にしておよそ10億ドルもの利益を生み出した男がいた。

人々の注意を引き、商品に対する欲求を育て、緊急性を感じさせ、行動を起こさせるには何が必要か?

彼ほどそれを熟知していた人間はいない。

 

ザ・コピーライテイング

「ヘッドラインの達人」と呼ばれる、ジョン・ケープルズ。

病的なまでの内気さに寄って、学問でも仕事でもなかなか芽が出なかった。

しかし、彼のキャリアはコピーライターを選んだことで一躍花開いた。

スプリットテストを駆使し、伝説的コピーを書いた天才は、自らも大きな劣等感を抱きかかえる等身大の人間だった。

 

「売る」広告 [新訳]

「広告の魔術師」と呼ばれる、デイヴィッド・オグルヴィ。

ニューヨークの広告業界を描いた人気ドラマ「マッドメン」を観たことがあるだろうか?

何を隠そうデイヴィッド・オグルヴィこそ、このドラマの主人公、ドン・ドレーバーのモデルだと言われている。

「広告の父」の異名をとるオグルヴィの歩んできた波乱万丈の人生を振り返ってみよう。

 

市場の壁を打ち破るプロ広告作法

「革新的広告マン」と呼ばれる、ユージン・シュワルツ。

一部では、「興国市場、最も偉大なコピーライター」とすさまじいまでの熱狂的支持を受けているのに、その名はほとんど忘れかけられているという不思議な人物。

しかし、その功績は本物だ。

人々の本能に訴えかけるメッセージを作り出してきた彼の広告への姿勢を学ぼう。

 

広告の魔術

「コピーライターのゴッドファーザー」と呼ばれる、ゲイリー・ハルバード。

コピーライターの卵たちを育て、熱狂的ファンを多数獲得してきた。

彼が書くコピーも素晴らしいが、自分自身を「権威」として人々に売り込んだ手法はなお素晴らしい。

他と一線を画したこの戦略、一体どのようにして成し遂げられたのだろうか?

 

ジャンル・目的別オススメ書籍一覧

たまには気分を変えて、違うジャンルの本も読んでみてはいかがでしょうか?(随時アップデートしています)


スポンサードリンク



Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA