こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。

これまで、多くの本を本サイトでもご紹介してきましたが、読みたい本(特にビジネス本)がたくさんあるあなたは、こんな疑問をいだいたことありませんか?

「いったいどうやって読めば、速く効率的に読めるのだろうか?」

この記事では、そんなあなたにオススメの読書術をご紹介していきます。

あなたは、本を読む時、何のために本を読んでいますでしょうか?

きっと、私と同じように、あなたは勉強が好きで、とても熱心な方だと思います。

(少なくともこのブログの読者の方は)ただの時間つぶしのために本を読んでいるわけではないと思います。

小説などを読む時は、純粋にストーリーを楽しんだり、感情移入したりするものなので、これには当てはまりません。

ゴールを決める

本を読むゴール(目的)を考えたときに、よく陥りやすい誤りがあります。

誤り:それは、「最後まで読み切る」ことです。

これではただ時間を浪費しているだけなので、全くの無駄です。

そういう読み方をしているなら、今すぐ読書をやめて筋トレでも始めたほうがよっぽど良いです。

あなたが「その本から何を得たいのか?」、言い換えれば、「なぜその本を手にとったのか」を明確にして本を読み始めましょう。

「何が書かれているかわからない」と言われるかもしれませんが、そういう時は「目次」をよく読んでみましょう。

おおよそ書かれている内容を把握することができます。

本の中身にかかれていることを実践したり、行動に移して初めて、その本から本当の学びがあります。

“読書”ではなく”リサーチ”

読書というと、我々が子供の頃から行っているような「じっと椅子に座って本を読むこと」だと思っていませんか?

あなたは今日から「リサーチ」のために本を手にとるのです。

本の中には「あなたが探していることの答え」や、「解決策に近づくヒント」を見つける事ができます。

それらを見つけるために、あなたはその本で「リサーチ」するのです。

ぜひこれからの読書は、読書ではなくリサーチと思って読んでみてください。

読書のテクニック

さて、本を読む目的が定まったところで、具体的にどのようなことに気をつければ、効率的に読書できるかテクニックをご紹介していきます。

筆者の主張を探す

まず、「この本で筆者は何が言いたいのか?」を探していきましょう。

そのためには、「目次」をじっくり読むことが重要です。

「目次を読む」ことで、この本には、どういうことが書かれていて、どんなことを伝えようとしているのか、おおよそ把握することができるようになります。

その中から、あなたにとって役に立つだろうと思う部分から読み始めてみましょう。

必要な部分以外は飛ばす

あなたがその本を手にとった目的がおおよそ達成されたなら、もうその本は閉じましょう。

まだ読んでない部分はあると思いますが、その部分は飛ばします。

時期を見てもう一度読み返す

残念ながら、本を読んでもある程度時期が経てば、中身の内容を忘れてしまいます。

なので、本を読む時は、必要な部分だけを重点的に読み、不要な部分は読まなくてもいいのです。

そして、2回目、3回目と読むうちに、新たな気付きもあるでしょうし、いろいろな経験をその間もしているので、新たな視点を持つこともできるようになります。

価値ある本は、何度も読み返すことで、さらに価値を増します。

不要だと思った本はスペースがじゃまになるので捨てておきましょう。

ドッグイヤーとメモ

読者の中には、「きれいな状態で本を保管しておきたい」と考える方もいらっしゃるでしょうが、残念ながらきれいな状態で保管しておくことにほとんど価値はありません。

それよりも、本を読んでいるときに、あなたが感じたことや、理解したこと、思いついたアイデアなどを、本に直接書き込んでおきましょう。

そして、あなただけのオリジナルテキストにしてしまうのです。

線を引いたり、ぐるぐる丸印を付けたり、ドッグイヤー(本の隅を折り曲げて付箋代わりにすること)をしたりすることで、その部分があなたにとって重要であるため、より本の価値が増していきます。

本は処理する

以上ご紹介した本の読み方は、主にビジネス書やノウハウ本により効果を発揮します。

残念ながら、小説や偉人伝のようなストーリーがあるものには役に立ちません。

むしろ、そういう本はじっくり味わいながら読むほうが、あなたの人生に大きく影響を及ぼすでしょう。

しかし、積読本がたくさんあるあなたの本棚には、おそらくビジネス書の割合が多いのでは無いでしょうか?

ぜひ、この記事で紹介した本の読み方で「処理」してください。

読めば読むほど、読書時間も短くなり、満足度も高くなります。

 

ジャンル・目的別オススメ書籍一覧

たまには気分を変えて、違うジャンルの本も読んでみてはいかがでしょうか?(随時アップデートしています)


スポンサードリンク



Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA