こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。

前回、「【入門編】儲かるビジネスの探し方」という記事を書きました。

アイデアが見つかれば、次に市場調査のステップに進みましょう。

この記事では、市場とテーマの違いを理解し、市場規模を見極める方法をご紹介していきます。

アイデアが、見つかれば市場とテーマを理解していきましょう。

市場とは

市場とは、同じ目的を持った人々の集まりのことです。

テーマとは

テーマとは、コンテンツの主題であり、あなたが伝えたいことです。

重要なのは、「どのような人々を市場にするのか?」決めることです。

素晴らしいテーマを思いつくだけでは、不十分で、そのテーマを市場に合わせて提示することが必要です。

ターゲット読者のニーズに合わせる

市場によって提供するテーマは限定されませんが、それは市場のニーズに合う具体的なものにする必要があります。

そのためには、テーマだけに的を絞るのではなく、市場に的を絞る考え方が必要になります。

特定の市場が一番上にあり、その市場にとって役に立つコンテンツを提供しなければいけません。

あなたが、特定の市場の支持者になることであなたは様々なテーマについて語ることができるようになります。

市場の人々が成長するにつて、あなた自信も成長することができます。

最初はその市場のニッチからスタート

ターゲット市場を特定したら、次は市場規模を割り出しましょう。

グーグル検索で、あなたの市場と”人数”と入れて検索し、その中から最も関係ありそうなものを探しましょう。

こうして検索することで、人々が何に関心を持ち、その数がどれくらいかを把握することができます。

また、そのテーマについて考える時、人々の共通言語も同時に発見することができます。

まずは、ニッチに焦点をあわせ、そのニッチが求めるニーズを満たすことで、提供できる情報を必要としている潜在顧客も引き出すことができるようになります。

市場調査の3つのステップ

STEP1 市場とテーマの違いを理解

市場とは、「同じ目的を持った人々の集まり」のことです。

テーマとは、「コンテンツの主題であり、伝えたいもの」のことです。

まず、あなたは特定の市場の支持者にならなくてはいけません。

次に、市場固有のニーズに合うように、コンテンツを調整します。

市場はテーマよりも重要です。

STEP2 ターゲット市場の規模は?

市場が大きすぎれば、対象とする人々が多すぎてうまくいきません。

小さすぎれば利益が少なくなります。

程よい大きさの市場が必要です。

ターゲットの市場規模を割り出すには、「(市場を表すキーワード) 人数」で検索し、データを探しましょう。

STEP3 市場規模を見極める

市場のシェアについて、全体の20%ともなるとハードルが高くなります。

最初は3〜5%のシェアを狙っていきましょう。

もしターゲット市場が小さすぎれば、もう少し間口を広げたコンセプトにしましょう。

小さく始めて大きく育てる

アイデアが決まり、市場規模を見極めることができました。

いきなり大きな市場をターゲットにしてはあなたはあまりに小さすぎます。

急がなくても必ず大きくなるので、まずは小さな市場から始めて、着実にあなたのビジネスを育てていきましょう。

その時、必ずあなたに必要なものは、リスト(見込み客)です。

この書籍「リスト・ビジネスの教科書」では、リストの集め方からビジネスコンセプトの決め方、優れたコンテンツの入手方法やマネタイズなど、

あなたのアイデアを形にするビジネスの作り方が書かれています。

もしあなたが、これからビジネスを始めて、自分自身のルールで生きていきたいなら。

誰からも拘束されることなく、働きたいように働きたいなら。

働きたい時に、働きたい場所で働きたいなら。

働きたい人たちと一緒に働きたいなら。

そして今よりも高い収入を得たいなら。

それだけではありません。

気軽に旅行に行ったり、家族と過ごしたり、趣味や人生を楽しむための時間をたっぷりと持ちたいなら。

ぜひ、この書籍を手にとり、この不公平な世界から脱出してください。

→ この書籍の目次を見る

スポンサードリンク



Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA