0Comments

成長する事業を選ぶ7つのステップ

こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。 あなたがサラリーマンであれ、事業家であれ、投資家であれ、成長する事業に身を起きたいと思うことでしょう。 不毛な会社で働き続けるのは、誰も望んでいません。 この記事では、あなたが関わるべき、成長する事業を選ぶ7つのステップをご紹介していきます。 成長する事業はニッチ市場のリーダー 成長していくビジネスには2つの共通点があります。 隙間(ニッチ)市場を牽引するリーダー的存在 「リーダー」とは、その市場で他のどんな企業よりも大いことを意味します。 単純に売上高で比較すればどの企業がその市場でシェアを持っているか理解することができます。 そのニッチ市場の成長率が10%以上ある この10%とい数字は、自社の売上の成長率ではありません。市場全体が成長していかなければなりません。 今後も10%以上毎年成長する市場でなければ旨味はありません。 成長する事業を選ぶ7つのステップ STEP1 市場を分けよ 生まれたてのニッチ市場は、他の主たる市場に比べればかなり小さいです。 まず、既存の市場を2つに分けて、1つは他の人の市場、もう1つは、あなたのあたしいニッチ市場です。 STEP2 高成長のニッチを選べ あなたが見つけたニッチ市場は、将来的にどれくらい成長するでしょうか? もしそれが年率10%以上で成長すると自信をもって答えられるならOKです。 もし革新できないなら、そのアイデアは却下して、STEP1に戻り、他のニッチを探しましょう。 STEP3 顧客のターゲットを絞れ ターゲットとなる顧客の好みを特定しましょう。 主たる市場の顧客ニーズとは必ず異なるはずです。(だからニッチ) 顧客が主たる市場の異なる場合もあるでしょうし、同じ顧客のニーズを別の方法で満たすだけで十分な場合もあります。 STEP4 新しいニッチの利点を定義せよ 主たる市場の製品やサービスと異なる新規カテゴリが提供できる利点はなんでしょうか? 既存の製品やサービスと異なる、「何」を提供するのでしょうか? 顧客にとって、既存製品よりもメリットとなる点は何でしょうか? 主たる市場が全く提供しようとしないものは何でしょうか? 主たる市場から引き算して自分のものにできるのは何でしょうか? STEP5 確実に儲けられることが重要 あなたが見つけたニッチ市場で得る利益が、既存市場よりも多くなる理由を考えましょう。 主たる市場を変異させることで、さらに儲けられると確信できなければ、あるいはその理由を明らかに示せないなら、そのアイデアは捨てて、STEP1に戻りましょう。 STEP6 新しいニッチ市場に名前を付けよ 新しいニッチ市場を厳密に定義付けせずに、競合相手を理解することはできません。 本当に心配するべき相手は競合他社です。 ニッチ市場のリーダーで有り続けられるか、2位との差をどのくらい広げられるかが重要です。 収益性はそれにかかっています。 STEP7 ブランド名のポイント ブランド名は、名前は短く、覚えやすく、すぐそれとわかるもので、ニッチ市場との関連がわかるものにしましょう。 以上の7つのSTEPを完了し、すべての答えに満足できるなら、「あなたの頭の中」に、まさに今新しいビジネスが誕生したことになります。 アイデアの段階で不十分な点があれば、いくら計画の遂行能力が高くても、優れた事業を生み出すことはできません。 参考書籍:大富豪の仕事術 ぜひ、お手にとって読んでみてください。

Continue Reading

あなたは目標に向かって前進できていますか?

こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。 この記事をご覧頂いている方は、主に起業家の方や、これからビジネスを始めたいという方が多いと思います。 または、何か目標があってなかなか思うように進んでいない方だと思います。 私も大学生の頃から独立して自分でビジネスをしたい!という目標が有りました。 今では、明確な目標があり、それに向かって確実に前進できているのですが、昔の私はあなたと同じようなことで頭を抱えていました。 この記事では、目標に向かって前進できていない方に共通する2つの原因とその解決策をご紹介していきます。 目標に向かって前進できていない人に共通する2つの原因 人生の目標に向かって前進できていない人には、2つの大きな共通点があります。 ぜひ、あなたも当てはまっていないかチェックしてみましょう。 ①自分に必要な情報を自ら探し求めたり、他人に教えを請うという努力をしていない 成功している人は、いつでも謙虚で、情報に貪欲で、価値を見出し、常に追い求めています。 わからないことがあれば、「それはどういうことですか?」「よくわからないので教えてください」と必ず質問します。 ②手に入れた素晴らしいアイデアを実行に移していない せっかく手に入れた素晴らしいアイデアも、実行しなければただの頭でっかちの知識オタクです。 知識だけあっても実行しなければ、全く意味がないですよね。 あなたは"愚直な実践"ができますか? あなたは、今現在、目標に向かってどんなことをしていますか? もし、目標があるにもかからず、実践できていないということは、どうでもいい目標なのでしょうか? わかります。人間はとても自分に甘い行き物です。同時にわがままでもあります。 もしあなたが、「どうしての達成したいものがあり、実は、、何もできていない」というのなら、コチラのサービスをぜひご活用してみてはいかがでしょうか。 あなたの愚直な実践をサポートするサービスです。 参考:スポッターコーチング

Continue Reading

【入門編】あなたの理想の顧客像

こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。 前々回・前回で、あなたの儲かるアイデアは、十分な市場規模であることを見極めることができました。 この記事では、入門編のラストとして、あなたの理想の顧客像を明らかにしていきましょう。 ペルソナを作成 ペルソナとは、あなたのターゲット市場に最も共通する特徴をもった顧客像のことです。 つまり、勝手に顧客を思い描くのです。しかも、忠実にです。 注意すべきことは、ペルソナは、1人に絞ります。 あなたの商品やサービスを購入してくれる理想のお客様を、唯一のペルソナに具現化することで、どのような人たちをターゲットにするか明確にできるからです。 複数のペルソナを作ると、メッセージがぼやけてしまい、誰にも刺さらない内容になってしまいます。 ペルソナのニーズにビジネスを集中させるために、典型的な顧客像(ペルソナ)を細かく特定していきましょう。 とにかく具体的に細部まで設定する あなたの理想の顧客像、ペルソナは一体誰ですか? 下のリストを使って、紙に書き出してみましょう。 ペルソナに必要な項目 性別 名前 年齢 顔写真 住んでいる場所 出身地 年収 趣味関心 悩み事 ・・・etc このようにあなたの理想の顧客像(ペルソナ)を作る理由は、常に、この人に向けてメッセージを書くからです。 顔写真もネットから理想の顧客像にふさわしい人の顔を見つけておきましょう。 どんな性格で、何を考えているのか、常にその人のことを思いながら生活しましょう。 その他、あなたの市場に特徴的なものがあれば追加しておきましょう。 A4用紙1枚にまとめ、印刷して、机の前に貼っておきましょう。 こうすることで、あなたの理想の顧客像が、一気に具体的な人物になりました。 あなたがビジネスを進めていく中で、まさにこの人にそっくりなお客様が現れるはずです。 ビジネスを0から立ち上げる人へ もし、あなたが、これからビジネスを始めようとしているなら(もしくは、まだ始めてまもないなら)、まずは「教科書通り」にまずはやってみることをおすすめします。 いきなり10段飛ばしをして、高度なテクニックを試すのは得策ではありません。 高度なテクニックは、基礎があってからこそできることであり、まずは基礎固めから始めていきましょう。 そのためのオススメの教科書があります。 基礎と言っても、ビジネスの必須かつ重要な原則を体得することができます。 ↓ 「リスト・ビジネスの教科書」の中身を見る

Continue Reading

【入門編】あなたのビジネス市場の探し方

こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。 前回、「【入門編】儲かるビジネスの探し方」という記事を書きました。 アイデアが見つかれば、次に市場調査のステップに進みましょう。 この記事では、市場とテーマの違いを理解し、市場規模を見極める方法をご紹介していきます。 市場とテーマの違い アイデアが、見つかれば市場とテーマを理解していきましょう。 市場とは 市場とは、同じ目的を持った人々の集まりのことです。 テーマとは テーマとは、コンテンツの主題であり、あなたが伝えたいことです。 重要なのは、「どのような人々を市場にするのか?」決めることです。 素晴らしいテーマを思いつくだけでは、不十分で、そのテーマを市場に合わせて提示することが必要です。 ターゲット読者のニーズに合わせる 市場によって提供するテーマは限定されませんが、それは市場のニーズに合う具体的なものにする必要があります。 そのためには、テーマだけに的を絞るのではなく、市場に的を絞る考え方が必要になります。 特定の市場が一番上にあり、その市場にとって役に立つコンテンツを提供しなければいけません。 あなたが、特定の市場の支持者になることであなたは様々なテーマについて語ることができるようになります。 市場の人々が成長するにつて、あなた自信も成長することができます。 最初はその市場のニッチからスタート ターゲット市場を特定したら、次は市場規模を割り出しましょう。 グーグル検索で、あなたの市場と"人数"と入れて検索し、その中から最も関係ありそうなものを探しましょう。 こうして検索することで、人々が何に関心を持ち、その数がどれくらいかを把握することができます。 また、そのテーマについて考える時、人々の共通言語も同時に発見することができます。 まずは、ニッチに焦点をあわせ、そのニッチが求めるニーズを満たすことで、提供できる情報を必要としている潜在顧客も引き出すことができるようになります。 市場調査の3つのステップ STEP1 市場とテーマの違いを理解 市場とは、「同じ目的を持った人々の集まり」のことです。 テーマとは、「コンテンツの主題であり、伝えたいもの」のことです。 まず、あなたは特定の市場の支持者にならなくてはいけません。 次に、市場固有のニーズに合うように、コンテンツを調整します。 市場はテーマよりも重要です。 STEP2 ターゲット市場の規模は? 市場が大きすぎれば、対象とする人々が多すぎてうまくいきません。 小さすぎれば利益が少なくなります。 程よい大きさの市場が必要です。 ターゲットの市場規模を割り出すには、「(市場を表すキーワード) 人数」で検索し、データを探しましょう。 STEP3 市場規模を見極める 市場のシェアについて、全体の20%ともなるとハードルが高くなります。 最初は3〜5%のシェアを狙っていきましょう。 もしターゲット市場が小さすぎれば、もう少し間口を広げたコンセプトにしましょう。 小さく始めて大きく育てる アイデアが決まり、市場規模を見極めることができました。 いきなり大きな市場をターゲットにしてはあなたはあまりに小さすぎます。 急がなくても必ず大きくなるので、まずは小さな市場から始めて、着実にあなたのビジネスを育てていきましょう。 その時、必ずあなたに必要なものは、リスト(見込み客)です。 この書籍「リスト・ビジネスの教科書」では、リストの集め方からビジネスコンセプトの決め方、優れたコンテンツの入手方法やマネタイズなど、 あなたのアイデアを形にするビジネスの作り方が書かれています。 もしあなたが、これからビジネスを始めて、自分自身のルールで生きていきたいなら。 誰からも拘束されることなく、働きたいように働きたいなら。 働きたい時に、働きたい場所で働きたいなら。 働きたい人たちと一緒に働きたいなら。 そして今よりも高い収入を得たいなら。 それだけではありません。 気軽に旅行に行ったり、家族と過ごしたり、趣味や人生を楽しむための時間をたっぷりと持ちたいなら。 ぜひ、この書籍を手にとり、この不公平な世界から脱出してください。 → この書籍の目次を見る

Continue Reading

0Comments

【入門編】儲かるアイデアの探し方

こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。 あなたが何かビジネスを始めようとした時、それは儲かるビジネスになるのだろうか? この記事では、儲かるビジネスになるアイデアの見つけ方について説明していきます。 アイデアを出す第一歩 まず、アイデアを考えるときは、以下の質問答えて見てください。 趣味や好きなことはなんですか? これまでに経験してきたこと、達成してきたことはなんですか? これまでに解決してきた問題はなんですか?(大小問わず) たとえ、わずかな経験でも、あなたがやり遂げたり好きでこれまでやってきたことを思い出してみよう。 さて、あなたが今思いついたものをビジネスにするためには、売れるものでなけれいけません。 売れなければ、単なる趣味となってしまいます。 それを見極めるために次に確認してほしいのが、「儲かるビジネスリスト」です。 儲かるビジネスリスト あなたが思いついたアイデアに当てはまる項目をチェックしてみましょう。 □ 稼げるようになる □ お金の節約になる □ 見た目を良くする □ 健康/長寿につながる □ 評判を高める □ 安心感を高める □ 安らぎを与える □ 自由な時間を増やす □ 人生を楽しくさせる 少なくとも2つはチェックが入るものでないと売るのは厳しくなります。もちろんチェックが多ければ多いほど、売れるアイデアとなります。 例えば、あなたが思いついたアイデアが「ヨガ」であれば、「見た目を良くする」「健康/長寿につながる」「安らぎをあたえる」がチェックされるでしょう。 大切なのは、お金儲けだけを目的にしないことです。 あなたのアイデア、これからあなたが行っていくビジネスは、あなたが本当に興味があり、情熱を注げ、世の中に伝える目的が感じられるものである必要があります。 そして、あなたのビジネスに相応しい「市場」はすでに存在していますか? 存在しているならそのアイデアは「売れる」ということです。 1つのアイデアだけではなく、3つのアイデアをまずは考えてみましょう。(アイデアは書き留めておきましょう) アイデア探し3つのステップ STEP1 アイデアを3つ書き出す このステップでは、どんな小さなアイデアでもいいので、思いついたものを書き留めてみましょう。 次の質問に答えて、ブレストするとアイデアが出やすくなります。 アイデア探しのための質問 ①趣味や好きなことはなんですか? ②これまでに経験してきたこと、達成してきたことはなんですか? ③これまでに解決してきた問題はなんですか?(大小問わず) STEP2 売れるアイデアかチェック あなたはまだ未開拓の市場を見つけようとしていませんか? 真っ先に市場に参入することが、必ずしも良いとは限りません。 同じ市場で同じものを売っている企業が何社かあれば、それはそのアイデアが売れることを意味しています。 STEP1 もっとも良いものを1つ選ぶ 3つのアイデアがどれも基準を満たすなら、最も情熱を注げるものを選びましょう。 そして、重要なことは「スタートすること」です。 何からスタートするか? あなたのアイデアが決まり、いざスタートするとなっても、一体何から始めれば良いのでしょうか。 それは、あなたのアイデアを探している人を見つけることです。 そのためには、あなたの情報を受け取ってくれる人を集めなければなりません。 ビジネスの業界では、これをリスト(見込み客)と呼びます。そして、これはどのビジネスをする上でも一番大切な資産です。 では、どうやってリスト(見込み客)を集めるか・・・ それは「リスト・ビジネスの教科書」という書籍に書かれています。 この書籍の作者は、情報出版やデジタルマーケティング分野でコンサルティングやコーチングを行って多くの起業家の成功をサポートしてきました。 Eメールで発信するインボックス・マガジンと呼ばれるビジネスモデルを中心に、立ち上げと経営、事業を大きく成長させるまでの実践的なステップをアドバイスが書かれています。 内容の一部をご紹介すると、 ・情熱を傾けられるアイデアを考える ・市場を精査し、理想的な顧客リストを構築する ・絶好のネーミングを生み、魅力的なウェブサイトを構築する ・ソーシャルメディアで売り込み、ファンを作る ・もっと読みたいと思わせるコンテンツを作り会員を増やす ・広告スペースを売り、他の起業家と提携する ・ビジネスを軌道に乗せ、規模を拡大する などなど、実践的な内容を一気に学ぶことができます。 ぜひあなたも、本書を教科書にすれば好きなことをしながら利益の出るビジネスの構築、成長させるという夢を現実のものにすることができるでしょう。 ↓ 書籍「リスト・ビジネスの教科書」の詳細はコチラから

Continue Reading

0Comments

起業家特性解説⑩:「自律性」

こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。 会員限定の記事ではありますが、「【会員限定】成功するために必要な起業家特性と起業家力診断テスト」の中で、「自律性」という言葉を使いました。 この記事では、「自律性」について解説していきます。 【会員限定】記事は、無料会員登録をしていただいた方のみ閲覧できます。 会員専用のコンテンツや【会員限定】と書かれている記事を閲覧することができます。 起業家と成功するには、自分で自分を管理できなくてはなりません。 自分自身に責任が持てないのなら、責任を持つのが嫌なら、起業家に向いているのか真剣に考え直す必要があります。 自己管理ができない人は、人の管理にお困難をきたす結果にきまっており、起業家として成功することはできません。 また、結果にこだわりながらも柔軟であることが大切です。 成功に至るための計画は変わるものだからです。 計画することの価値は、計画そのものではなく、それで学んだことや思考過程にあります。 仕事では、必ず最重要事項に取り組むようにしてください。 会社での重要な役割すべてにあなたが時間を費やせるように、最優先の作業を3つ特定し、時間割を活用しましょう。 あなたには、「自律性」がありますか? 診断テストもありますので、ぜひコチラの記事でチェックしてみてください。 → 【会員限定】成功するために必要な起業家特性と起業家力診断テスト 【会員限定】記事は、無料会員登録をしていただいた方のみ閲覧できます。 会員専用のコンテンツや【会員限定】と書かれている記事を閲覧することができます。 起業に関するおすすめの書籍 もう一つ、起業に関するおすすめの書籍をいくつかご紹介しておきます。 タイトルで「ピン」と来たら、ぜひ手にとって読んでみてください。 Have the courage to follow your heart and intuition. by Steve Jobs 起業に関するおすすめの書籍 臆病者のための科学的起業法 大富豪の起業術 シリコンバレー発 会員制ビジネス起業術 一生、お客に困らない!日本人の知らなかったフリーエージェント起業術 コンサルタント起業成功法則大全

Continue Reading

0Comments

起業家特性解説⑨:「好奇心」

こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。 会員限定の記事ではありますが、「【会員限定】成功するために必要な起業家特性と起業家力診断テスト」の中で、「好奇心」という言葉を使いました。 この記事では、「好奇心」について解説していきます。 【会員限定】記事は、無料会員登録をしていただいた方のみ閲覧できます。 会員専用のコンテンツや【会員限定】と書かれている記事を閲覧することができます。 起業家は物事の仕組みを理解しなくてはならないため、いろんなことにしょっちゅう疑問をいだきます。 なぜなら、好奇心が革新をもたらすからです。 つねにアンテナを張り、世の中で何が起きているかに注目しましょう。 また、人と話をし、たまに手当たり次第に雑誌を読んだりするのも大切です。 自分の業界のトレンドや最新動向を知っているほど有益ですが、私は、関係のない本からアイデアを得たものです。 突然、今やっていることに関係深いアイデアがひらめきます。 最高のアイデアが、起業家のスキルについて書かれた本から来ることはありません。 人がいかにも本に書きそうにないところから得たアイデアのほうが、優れたものになります。 あなたには、「好奇心」がありますか? 診断テストもありますので、ぜひコチラの記事でチェックしてみてください。 → 【会員限定】成功するために必要な起業家特性と起業家力診断テスト 【会員限定】記事は、無料会員登録をしていただいた方のみ閲覧できます。 会員専用のコンテンツや【会員限定】と書かれている記事を閲覧することができます。 起業に関するおすすめの書籍 もう一つ、起業に関するおすすめの書籍をいくつかご紹介しておきます。 タイトルで「ピン」と来たら、ぜひ手にとって読んでみてください。 Have the courage to follow your heart and intuition. by Steve Jobs 起業に関するおすすめの書籍 臆病者のための科学的起業法 大富豪の起業術 シリコンバレー発 会員制ビジネス起業術 一生、お客に困らない!日本人の知らなかったフリーエージェント起業術 コンサルタント起業成功法則大全

Continue Reading

0Comments

起業家特性解説⑧:「難しい決断を下す力」

こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。 会員限定の記事ではありますが、「【会員限定】成功するために必要な起業家特性と起業家力診断テスト」の中で、「難しい決断を下す力」という言葉を使いました。 この記事では、「難しい決断を下す力」について解説していきます。 【会員限定】記事は、無料会員登録をしていただいた方のみ閲覧できます。 会員専用のコンテンツや【会員限定】と書かれている記事を閲覧することができます。 私には、さほど頭がいいわけではないですが、極めて行動指向型の友人が何人かいます。 これはいいかも、と思ったことには何でも即座に飛びつく人間です。 しかし、彼らはもっと優秀な人達よりもずっと成功しています。 なぜでしょうか? 行動することによってより多くのことを実行し、何が効果的か効果的でないかを体得できるからです。 事業経営の唯一の方法は、経営をしながら経験を積んでいくことです。 経験を積む最善の方法は、即座に行動し、手早く実行し、たくさん行動することです。 世界一の戦略も、実行しなければなんの意味もありません。何かを実行したり試そうとする際には、もっとも手軽に試せる方法、テストするための近道を考え出しましょう。 あなたには、「行動指向性」がありますか? 診断テストもありますので、ぜひコチラの記事でチェックしてみてください。 → 【会員限定】成功するために必要な起業家特性と起業家力診断テスト 【会員限定】記事は、無料会員登録をしていただいた方のみ閲覧できます。 会員専用のコンテンツや【会員限定】と書かれている記事を閲覧することができます。 起業に関するおすすめの書籍 もう一つ、起業に関するおすすめの書籍をいくつかご紹介しておきます。 タイトルで「ピン」と来たら、ぜひ手にとって読んでみてください。 Have the courage to follow your heart and intuition. by Steve Jobs 起業に関するおすすめの書籍 臆病者のための科学的起業法 大富豪の起業術 シリコンバレー発 会員制ビジネス起業術 一生、お客に困らない!日本人の知らなかったフリーエージェント起業術 コンサルタント起業成功法則大全

Continue Reading

0Comments

起業家特性解説⑦:「金銭管理能力」

こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。 会員限定の記事ではありますが、「【会員限定】成功するために必要な起業家特性と起業家力診断テスト」の中で、「金銭管理能力」という言葉を使いました。 この記事では、「金銭管理能力」について解説していきます。 【会員限定】記事は、無料会員登録をしていただいた方のみ閲覧できます。 会員専用のコンテンツや【会員限定】と書かれている記事を閲覧することができます。 ビジネスは本質的に、抑える努力をしなければ、どんどん経費がかさんでいくものです。 なので、常に経費はしっかりと管理するよう心がけなくてはいけません。 また、利益率が10%とか15%の場合は、経費を節約すれば、最終利益の増加に直結します。 言い方を変えれば、純利益が10%なら、1ドルの節約は10ドルの売上増加に等しいのです。 もちろん、経費削減さえすれば成功できるというものではありません。 私は、通常、収入さえあればどんな問題でも解決できるという姿勢で臨みますが、やはり、浪費をして破綻に追い込まれる可能性はある、ということは心得ています。 だから売上を追求するかたわら、自分が経費を使いすぎていないか常に把握するのです。 あなたには、「金銭管理能力」がありますか? 診断テストもありますので、ぜひコチラの記事でチェックしてみてください。 → 【会員限定】成功するために必要な起業家特性と起業家力診断テスト 【会員限定】記事は、無料会員登録をしていただいた方のみ閲覧できます。 会員専用のコンテンツや【会員限定】と書かれている記事を閲覧することができます。 起業に関するおすすめの書籍 もう一つ、起業に関するおすすめの書籍をいくつかご紹介しておきます。 タイトルで「ピン」と来たら、ぜひ手にとって読んでみてください。 Have the courage to follow your heart and intuition. by Steve Jobs 起業に関するおすすめの書籍 臆病者のための科学的起業法 大富豪の起業術 シリコンバレー発 会員制ビジネス起業術 一生、お客に困らない!日本人の知らなかったフリーエージェント起業術 コンサルタント起業成功法則大全

Continue Reading