時間が無いと言い訳しない、効率的な本の読み方

こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。 これまで、多くの本を本サイトでもご紹介してきましたが、読みたい本(特にビジネス本)がたくさんあるあなたは、こんな疑問をいだいたことありませんか? 「いったいどうやって読めば、速く効率的に読めるのだろうか?」 この記事では、そんなあなたにオススメの読書術をご紹介していきます。 なんのために本を読むか? あなたは、本を読む時、何のために本を読んでいますでしょうか? きっと、私と同じように、あなたは勉強が好きで、とても熱心な方だと思います。 (少なくともこのブログの読者の方は)ただの時間つぶしのために本を読んでいるわけではないと思います。 小説などを読む時は、純粋にストーリーを楽しんだり、感情移入したりするものなので、これには当てはまりません。 ゴールを決める 本を読むゴール(目的)を考えたときに、よく陥りやすい誤りがあります。 誤り:それは、「最後まで読み切る」ことです。 これではただ時間を浪費しているだけなので、全くの無駄です。 そういう読み方をしているなら、今すぐ読書をやめて筋トレでも始めたほうがよっぽど良いです。 あなたが「その本から何を得たいのか?」、言い換えれば、「なぜその本を手にとったのか」を明確にして本を読み始めましょう。 「何が書かれているかわからない」と言われるかもしれませんが、そういう時は「目次」をよく読んでみましょう。 おおよそ書かれている内容を把握することができます。 本の中身にかかれていることを実践したり、行動に移して初めて、その本から本当の学びがあります。 "読書"ではなく"リサーチ" 読書というと、我々が子供の頃から行っているような「じっと椅子に座って本を読むこと」だと思っていませんか? あなたは今日から「リサーチ」のために本を手にとるのです。 本の中には「あなたが探していることの答え」や、「解決策に近づくヒント」を見つける事ができます。 それらを見つけるために、あなたはその本で「リサーチ」するのです。 ぜひこれからの読書は、読書ではなくリサーチと思って読んでみてください。 読書のテクニック さて、本を読む目的が定まったところで、具体的にどのようなことに気をつければ、効率的に読書できるかテクニックをご紹介していきます。 筆者の主張を探す まず、「この本で筆者は何が言いたいのか?」を探していきましょう。 そのためには、「目次」をじっくり読むことが重要です。 「目次を読む」ことで、この本には、どういうことが書かれていて、どんなことを伝えようとしているのか、おおよそ把握することができるようになります。 その中から、あなたにとって役に立つだろうと思う部分から読み始めてみましょう。 必要な部分以外は飛ばす あなたがその本を手にとった目的がおおよそ達成されたなら、もうその本は閉じましょう。 まだ読んでない部分はあると思いますが、その部分は飛ばします。 時期を見てもう一度読み返す 残念ながら、本を読んでもある程度時期が経てば、中身の内容を忘れてしまいます。 なので、本を読む時は、必要な部分だけを重点的に読み、不要な部分は読まなくてもいいのです。 そして、2回目、3回目と読むうちに、新たな気付きもあるでしょうし、いろいろな経験をその間もしているので、新たな視点を持つこともできるようになります。 価値ある本は、何度も読み返すことで、さらに価値を増します。 不要だと思った本はスペースがじゃまになるので捨てておきましょう。 ドッグイヤーとメモ 読者の中には、「きれいな状態で本を保管しておきたい」と考える方もいらっしゃるでしょうが、残念ながらきれいな状態で保管しておくことにほとんど価値はありません。 それよりも、本を読んでいるときに、あなたが感じたことや、理解したこと、思いついたアイデアなどを、本に直接書き込んでおきましょう。 そして、あなただけのオリジナルテキストにしてしまうのです。 線を引いたり、ぐるぐる丸印を付けたり、ドッグイヤー(本の隅を折り曲げて付箋代わりにすること)をしたりすることで、その部分があなたにとって重要であるため、より本の価値が増していきます。 本は処理する 以上ご紹介した本の読み方は、主にビジネス書やノウハウ本により効果を発揮します。 残念ながら、小説や偉人伝のようなストーリーがあるものには役に立ちません。 むしろ、そういう本はじっくり味わいながら読むほうが、あなたの人生に大きく影響を及ぼすでしょう。 しかし、積読本がたくさんあるあなたの本棚には、おそらくビジネス書の割合が多いのでは無いでしょうか? ぜひ、この記事で紹介した本の読み方で「処理」してください。 読めば読むほど、読書時間も短くなり、満足度も高くなります。

Continue Reading

0Comments

【忙しい人向け】休息のための7つのTips

こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。 前回の記事、前々回の記事で、ハイパフォーマンスを出すための休む技術をご紹介してきました。 今回は、あなたも今すぐに実践できる、休息のための7つのTipsをご紹介していきます。 Tips1.「目覚めのコップ一杯の水」を習慣に 私達の身体は、睡眠中は副交感神経が優位に働き、目覚め共に交感神経が活発になります。そのため、朝は反動で副交感神経が下がりすぎることもあります。 そこで、目覚めたらまずコップ一杯の水を飲むことを習慣にしましょう。 水を飲むと胃腸が刺激され、それによって胃腸の動きを司る副交感神経を適度に活性化することができます。お通じにも良いです。 Tips2.朝日を浴びて体内時計をリセット 自律神経が入れかわる朝の過ごし方はとても重要です。特に高いレベルで自律神経を整えてくれるのが、早起きして朝日を浴びることです。 体内時計は光に反応するため、朝日を浴びると身体のリズムが整い、全身を活性化してくれます。 さらに、夜に睡眠ホルモンのメラトニンがちゃんと分泌されるようにタイマーをセットしてくれます。 Tips3.リラックスしたいときこそ鼻呼吸 ただ深呼吸するだけでも、身体から余分な力が抜けてリラックスできます。 ただし口呼吸はNGです。喉や気管に最近が直接入り込むので、それを排除するために交感神経が優位に働き、呼吸が浅くなります。 身体が緊張しているときは、口呼吸をしている人が多いです。 休憩時にはリラックス効果の高い鼻呼吸を特に意識しましょう。 Tips4.身体機能をアップする「香り」の科学 人間は古くから「香り」を利用して気分を引き立てたり、落ち着かせたりしてきましたが、実際に香りは脳に働きかける作業があることが研究でわかっています。 交感神経を刺激してやる気を引き出したいときは、ローズマリーや柑橘系、交感神経を抑えて気分を落ち着かせたいときは、ラベンダーのアロマがおすすめです。 香りならシーンに合わせて手軽に使い分けられます。 Tips5.身体がガチガチに強張っていたら黄色信号! デスクワークが多いと、肩や首が強張ります。仕事中は交感神経が優位に働くため、身体に力が入りやすいうえ、座りっぱなしの姿勢が筋肉の収縮に拍車をかけてしまいます。 しかし、肩や首がガチガチだと脳への血液が滞り、頭の働きまで鈍ることになります。 筋肉の強張りを感じたら、それが身体を動かす合図です。適度な運動やストレッチで副交感神経を働かしてあげれば、その後の生産性もアップします。 Tips6.現代人の大半は水不足。体内乾燥対策を 空調に紫外線、タバコやお酒、利尿作用のある飲み物やストレスなど、日々の生活には身体から水分を奪う大敵がたくさんあります。 体内の水分量が足りなければ、自律神経は乱れ、内臓機能が低下、脳の老化にまで繋がります。 毎日の理想の水分量は、「(身長+体重)÷100」です。例えば身長170cmで体重70kgなら、2.4リットルが必要になります。 水と野菜や果物で、体の中から潤いを補給しましょう。 Tips7.栄養素で自律神経をコントロール あなたの身体は、自分が食べたものでできています。なるべく良質な食品をとり、栄養の勉強をおすすめします。 自律神経を整えてくれる栄養素は、ビタミンB郡、C、E、必須アミノ酸、カルシウム、マグネシウムなどです。 例えば、日本の伝統食である豆腐は、必須アミノ酸が豊富で、ビタミンB郡、カルシウム、マグネシウムを含む世界的にも優れた機能性食品です。 最新科学から導き出された「休む」技術 いかがでしたでしょうか? 今日からできることがほとんどなので、まずは習慣を変えていきましょう。 プレッシャーや忙しさに押しつぶされそうになりやすい現代では、こうした「休む」技術がとても大切です。 これまで、ムチを打って働いてきた方は、ぜひこの機会に身体を労ってあげてください。 書籍「忙しい社長のための「休む」技術」には、たくさんの健康に関するメカニズムやアイデアが書かれてあり、別に社長でなくとも、忙しい現代人ならぜひおすすめの一冊です。 ”休んだ方が効率がよくなるのはわかるけど、、、休む時間を仕事の時間に当てたほうが効率は悪くても仕事が進む気がする…” と思われるかもしれません。 しかし、、、 それは本当でしょうか? もし休んだ方がもっと成果が出ると言ったら? 休みながら今よりも大きな成果を生み出す方法があると言ったら? その方法はこちらのページで確認できます。 ↓ 忙しい社長のための「休む」技術

Continue Reading

0Comments

あなたのパフォーマンスを最高の状態にする4つのエネルギー

こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。 前回の記事では、欧米と日本の"働き方"の5つの違いとして、その違いを5つご紹介しました。 そして、パフォーマンスを高めるためには、我々を動かす4つのエネルギー(身体・情動・頭脳・精神)をしっかり意識して管理する必要があります。 この記事では、あなたのパフォーマンスを最高の状態にするこれらのエネルギーについて説明していきます。 1.身体 私達の身体には、「リズム」があります。心拍、脳は、血圧、体温など、人の体内の動きは、常に一定のリズムを刻んでいます。 持って生まれたリズムに合わせていくるのは当たり前だと思いますが、我々の生活はそうなってはいません。もっと多く、もっと大きく、もっと早くといったように、エネルギーばかりを必死で使っています。 人は、息を吸い続けることもできなければ、履き続けることもできません。同じように、エネルギーを使ったら再生しなければいけません。 これを意識すれば、あなたのパフォーマンスも格段にアップするでしょう。しかも、それは身体面だけではなく、この後にでてくる「情動」や「頭脳」にも大きな影響を与えます。 チェックリスト □ デスクワークばかりで座り放しである □ 食事が不規則。1日2食のことも多い □ ジャンクフードをよく食べる □ 仕事時間中は、ほぼ休憩時間をとらない □ 毎日の睡眠時間が7〜8時間より少ない □ 集中できていないのに机にかじりついている 2.情動 情動:身体的表出を伴うような、一時的で急激な感情の動き。 心の奥深くでどう感じるかは、パフォーマンスに大きな影響を与えます。 肯定的に捉えられるときはやる気が出ますし、否定的に感じるときは、モチベーションが下がります。あなたも経験したことがあるのではないでしょうか。 しかし、それは自分だけの問題ではありません。自分の態度は周囲の人達にも影響を与えてしまいます。 身体と情動は密接に関係しています。なので、ポジティブな情動を再生するための最も簡単な方法は、疲れたときには身体を休め、十分な睡眠をとることなのです。 そして、何時間の机の前に座っていた後には、身体を動かすことです。 「情動」をうまくコントロールできるように慣れば、よりよい人間関係と、より優れたパフォーマンスがついてきます。 チェックリスト □ 職場で自分の価値を認められないと感じる □ 「事実」と「思い込み」を区別する方法を身につけている □ 仕事でストレスを感じることが多い □ 失敗や失望からなかなか立ち直れない □ 気分が不安定になり、部下や後輩にあたることがある □ 自分が心から落ち着ける「安全地帯」のような場所がない 3.頭脳 「マルチタスク」という言葉がありますが、あなたは「同時並行で仕事をいくつも進められたらいいなぁ〜」と思っていませんか? 残念なお知らせがあります。 私達の頭脳はマルチタスクには向いていません。脳は与えられた一つの作業だけに集中しているときに最もよいパフォーマンスを発揮します。 なので、「今はこれだけ!」と決めて仕事に取り掛かることが大切です。 チェックリスト □ メールや電話が来たら、その都度対応してしまう □ 同時に2つ以上の仕事やタスクをやろうとしている □ 仕事に対する集中力が落ちていると感じる □ 本当にするべきことより、注意を引く目の前のしごとに反応してしまう □ 仕事に優先順位をつけるのが難しいと感じることがよくある □ スケジュール通りにいかないことがよくある 4.精神 身体・情動・頭脳の3つのエネルギーは、科学的にもメカニズムがある程度解明されています。しかし、精神エネルギーだけは科学では解明できません。 主観的で、人によって大きな違いがあるからです。 それをもたらすのは、私達1人1人が心の奥深くに保つ価値観と、利己心を超えた明確な目的意識です。 それはあなた自身で見つけなくてはなりません。 客観的な判断はアテにできず、主観的な判断のみが拠り所になります。 もっとも重要なのは、「自分はどんな人間になりたいか?」という問いかけです。 我々は意味のある人生に投資しなければなりません。 この質問に納得のいく答えがだせれば、仕事のうえでも、人生のうえでも、非常に大きなエネルギーになるのは間違えありません。 チェックリスト □ 「自分はこうなりたい」という願う人物像が明確になっていない □ 自分を好きになれ、他人のためにもなる資質が何かよくわからない □ 自分が持つ価値観について、じっくり考える時間がない □ 自分の限界を受け入れられない □ 自尊心を守るために人を遠ざけることがある □ 好きなこと、夢中になれることをしていない 休むことで、パフォーマンスを高める技術 もしあなたが、 仕事で圧倒的な成果を出したい。 午前中で一日分の仕事を終えたい。 エネルギーとやる気に満ち溢れた毎日を送りたい。 といった「パフォーマンスアップ」に興味があるなら、 この新刊本「忙しい社長のための休む技術」はあなたにとって非常に役に立つ一冊になるかもしれません。 ↓ この本の目次を見る 「休む」だけで、仕事のパフォーマンスを上げるちょっとずるい方法を紹介しています。

Continue Reading

0Comments

欧米と日本の”働き方”の5つの違い

こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。 日本人はよく勤勉言われ、長時間労働大国で世界的に有名です。 しかし、日本人の労働生産性は、海外と比べてとても低いことはご存知でしょうか? そうです。働きすぎると、逆に生産性は低くなってしまいます。 では、なぜでしょうか? 今回は、欧米と日本の働き方の違いをご紹介していきたいと思います。 欧米 vs. 日本 "働き方"の違い 1.「仕事より家族」の文化 日本ではよく、「仕事と私、どっちが大事なのよ!」と言われますが、欧米ではいちばん重要なのは「家族」と過ごす時間です。 これはもう社会的にそう決まっているのです。(常識) しかし、人生で多くの時間を費やす「「仕事」も2番目に大事です。だからこそ「残業しないように必死に頑張る」のでしょう。 意外とこの質問、日本人にしたら、「仕事」と心の中で思っている人は多いのではないでしょうか?(決して口にしないでくださいね) 2.「残業するやつは仕事が遅い」 もちろん、欧米にも仕事人間みたいな人はいます。しかし、そういう人は相当稼いでいます。 そうでないのに残業ばかりしているのは、単に仕事が遅いか、能力が低いとみなされてしまいます。 会社で残業しなくても、日本人は家に仕事を持ち帰りますよね。 3.給料体系が年棒制 最近日本でも増えてきていますが、アメリカなどでは、基本的に年棒制なので残業代などがでません。なので、残業するだけ時間の無駄なのです。 効率よく仕事をこなせる人のほうが優秀なのは、言わなくてもわかりますよね。 4.簡単にクビを切られる 日本にいたら欧米の職場環境は働きやすそうに見えますが、実際は非常にシビアな社会です。 嘘かと思われるかもしれませんが、「明日から来なくていい」と言われてしまいます。 日本みたいに労働基準法で甘やかされていないのです。 したがって、「働く時間」よりも「どれだけ成果を出すか」のほうが重要なのです。 5.「自分は自分」の価値観 欧米では結婚記念日に花束を買って早く帰ってもだれも咎めません。 しかし、日本ではみんなが残業していれば、デートを犠牲にしても一緒に働いています。 「もともと定時に帰れないなら、頑張って仕事を終らせる意味がない」という考えが、労働生産性を低くしているのかもしれないですね。 あなたも長時間働いていませんか? 「効率が悪いぶん、長く働くことで利益を生み出そうとしている」状態に陥っていませんか? それは、あなたが仕事以外に使える大切な時間を削っていることになりませんか?家族との時間、プライベートの時間をもっと大切にしながらこれまで以上に生産性を高められたらいいと思いませんか? それには、「パフォーマンスアップのための働き方」が必要になります。 闇雲に「もっと頑張る」のでは、一向にパフォーマンスは向上しません。 私達のエネルギーは有限なので、そこにフォーカスしなければなりません。 パフォーマンスを高めるためには、我々を動かす4つのエネルギー(身体・情動・頭脳・精神)をしっかり意識して管理する必要があります。 そのために必要なのは、「休む」技術です。 書籍「忙しい社長のための「休む」技術」には、あなたのパフォーマンスを効率的に高めるちょっとずるい「パフォーマンスアップ術」がたくさん書かれています。 ぜひ、あなたもこの本から「身体」「情動」「頭脳」「精神」に必要な情報を得てください。 → 忙しい社長のための「休む」技術

Continue Reading