【広告・マーケティングに携わる人なら必読】6人の歴史的マーケターの教え

こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。 この記事では、広告やダイレクトメールの歴史を築いてきた歴史的なマーケターとその書籍をご紹介していきます。 広告・セールスライター・マーケター必読の6冊です。 広告マーケティング21の原則 「広告科学の創始者」と呼ばれる、クロード・ホプキンス。 100年も昔に「科学的広告法」という概念を提唱し、広告の唯一の目的は「ものを売ること」だと明確に捉えた。 広告とプロモーションの世界を一新した彼の手法は、今なお色褪せず私達を魅了する。 彼は、どのようにして新しい広告の世界観を作り上げたのだろうか?   伝説のコピーライティング 実践バイブル 「哲学的広告マン」と呼ばれる、ロバート・コリアー。 1920〜1930年代、ダイレクトメールで今の金額にしておよそ10億ドルもの利益を生み出した男がいた。 人々の注意を引き、商品に対する欲求を育て、緊急性を感じさせ、行動を起こさせるには何が必要か? 彼ほどそれを熟知していた人間はいない。   ザ・コピーライテイング 「ヘッドラインの達人」と呼ばれる、ジョン・ケープルズ。 病的なまでの内気さに寄って、学問でも仕事でもなかなか芽が出なかった。 しかし、彼のキャリアはコピーライターを選んだことで一躍花開いた。 スプリットテストを駆使し、伝説的コピーを書いた天才は、自らも大きな劣等感を抱きかかえる等身大の人間だった。   「売る」広告 [新訳] 「広告の魔術師」と呼ばれる、デイヴィッド・オグルヴィ。 ニューヨークの広告業界を描いた人気ドラマ「マッドメン」を観たことがあるだろうか? 何を隠そうデイヴィッド・オグルヴィこそ、このドラマの主人公、ドン・ドレーバーのモデルだと言われている。 「広告の父」の異名をとるオグルヴィの歩んできた波乱万丈の人生を振り返ってみよう。   市場の壁を打ち破るプロ広告作法 「革新的広告マン」と呼ばれる、ユージン・シュワルツ。 一部では、「興国市場、最も偉大なコピーライター」とすさまじいまでの熱狂的支持を受けているのに、その名はほとんど忘れかけられているという不思議な人物。 しかし、その功績は本物だ。 人々の本能に訴えかけるメッセージを作り出してきた彼の広告への姿勢を学ぼう。   広告の魔術 「コピーライターのゴッドファーザー」と呼ばれる、ゲイリー・ハルバード。 コピーライターの卵たちを育て、熱狂的ファンを多数獲得してきた。 彼が書くコピーも素晴らしいが、自分自身を「権威」として人々に売り込んだ手法はなお素晴らしい。 他と一線を画したこの戦略、一体どのようにして成し遂げられたのだろうか?

Continue Reading

0Comments

成長する事業を選ぶ7つのステップ

こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。 あなたがサラリーマンであれ、事業家であれ、投資家であれ、成長する事業に身を起きたいと思うことでしょう。 不毛な会社で働き続けるのは、誰も望んでいません。 この記事では、あなたが関わるべき、成長する事業を選ぶ7つのステップをご紹介していきます。 成長する事業はニッチ市場のリーダー 成長していくビジネスには2つの共通点があります。 隙間(ニッチ)市場を牽引するリーダー的存在 「リーダー」とは、その市場で他のどんな企業よりも大いことを意味します。 単純に売上高で比較すればどの企業がその市場でシェアを持っているか理解することができます。 そのニッチ市場の成長率が10%以上ある この10%とい数字は、自社の売上の成長率ではありません。市場全体が成長していかなければなりません。 今後も10%以上毎年成長する市場でなければ旨味はありません。 成長する事業を選ぶ7つのステップ STEP1 市場を分けよ 生まれたてのニッチ市場は、他の主たる市場に比べればかなり小さいです。 まず、既存の市場を2つに分けて、1つは他の人の市場、もう1つは、あなたのあたしいニッチ市場です。 STEP2 高成長のニッチを選べ あなたが見つけたニッチ市場は、将来的にどれくらい成長するでしょうか? もしそれが年率10%以上で成長すると自信をもって答えられるならOKです。 もし革新できないなら、そのアイデアは却下して、STEP1に戻り、他のニッチを探しましょう。 STEP3 顧客のターゲットを絞れ ターゲットとなる顧客の好みを特定しましょう。 主たる市場の顧客ニーズとは必ず異なるはずです。(だからニッチ) 顧客が主たる市場の異なる場合もあるでしょうし、同じ顧客のニーズを別の方法で満たすだけで十分な場合もあります。 STEP4 新しいニッチの利点を定義せよ 主たる市場の製品やサービスと異なる新規カテゴリが提供できる利点はなんでしょうか? 既存の製品やサービスと異なる、「何」を提供するのでしょうか? 顧客にとって、既存製品よりもメリットとなる点は何でしょうか? 主たる市場が全く提供しようとしないものは何でしょうか? 主たる市場から引き算して自分のものにできるのは何でしょうか? STEP5 確実に儲けられることが重要 あなたが見つけたニッチ市場で得る利益が、既存市場よりも多くなる理由を考えましょう。 主たる市場を変異させることで、さらに儲けられると確信できなければ、あるいはその理由を明らかに示せないなら、そのアイデアは捨てて、STEP1に戻りましょう。 STEP6 新しいニッチ市場に名前を付けよ 新しいニッチ市場を厳密に定義付けせずに、競合相手を理解することはできません。 本当に心配するべき相手は競合他社です。 ニッチ市場のリーダーで有り続けられるか、2位との差をどのくらい広げられるかが重要です。 収益性はそれにかかっています。 STEP7 ブランド名のポイント ブランド名は、名前は短く、覚えやすく、すぐそれとわかるもので、ニッチ市場との関連がわかるものにしましょう。 以上の7つのSTEPを完了し、すべての答えに満足できるなら、「あなたの頭の中」に、まさに今新しいビジネスが誕生したことになります。 アイデアの段階で不十分な点があれば、いくら計画の遂行能力が高くても、優れた事業を生み出すことはできません。 参考書籍:大富豪の仕事術 ぜひ、お手にとって読んでみてください。

Continue Reading

見込み客をその気にさせる5つのメールテクニック

こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。 この記事をご覧のあなたはメールマーティングという言葉を聞いたことがあると思います。 メルマガに代表されるEメールマーケティングですが、うまく活用できていますか? この記事では、あなたの見込み客をその気にさせるメールテクニックを5つご紹介していきます。 Eメールマーケティングの目的 メールマーケティングの目的は、オンライン・マーケティングの重要なツールです。 見込み客は、あなたのウェブサイトを訪れてすぐに商品を購入するわけではありません。 それまでに何度かあなたのブログやSNSを巡回し、あなたがどんな人物であるか、信用に足る人物なのか、購入を検討しようとしている商品は価値が高いものなのかを無意識に見極めています。 その中でもメールマガジンを用いたEメールマーケティングは、あなたの見込み客との信頼関係を作るために重要なツールになります。 見込み客は、あなたとの信頼関係が築けた後、商品を購入します。 あなたが、オンライン・オフラインいずれもビジネスを行っているならば、Eメールを手段としたマーケティング手法を習得しなければなりません。 顧客フォローアップメール5つのテクニック これから挙げる5つのポイントを抑えて顧客との綿密なコミュニケーションを取りましょう。 件名で「価値」を感じさせる たとえそれがちょっとしたテクニックやストーリー、洞察であっても、注目を集めるような件名を付けましょう。 ポイントは見込み客のニーズについて、彼らの言葉遣いで語ることです。 反応率の高い件名例: ごめん、僕はもう仕事を辞める! 「引き寄せ」のについて ブログ炎上! 決断の時 その判断は違法です ユダヤ人の婚活必勝法 【再送】心の4つの窓 だます人 すべてを統一する アタリマエのことですが、懸命、本文、オファーなど、メールを送るときにはすべての内容を確実に統一します。 件名であることを言い、本文では別のことを言い、最後のオファーで全く関係のない商品を持ち出したりしてはいけません。 フォローアップを継続する これは重要なポイントです。 顧客と関係を構築したいのなら、コミュニケーションのし過ぎということはあり得ません。あなたが価値のある情報を与えていて、相手が興味を示し、モチベーションが上がっている状況では特にそうです。 あなたは人々に価値を提供しているのですから、毎日Eメールを出しても良いのです。遠慮はいりません。たくさんの価値を提供してください。 フォーマットを多様化する さまざまなフォーマットを用いましょう。一方的に情報提供するだけでなく、双方向にやり取りするもの、質疑応答に加えたり、読者同士が交流したりさせることもできます。 また、新しいタイプのメルマガも今の時代作れます。 ポッドキャストやビデオシリーズも使えます。Eメールはそれらを告知する手段として使います。 複数のリンクを提示する Eメールには、少なくとも2つ以上のリンクを掲載し、それぞれが確実に商品へと誘導されるようにしてください。 あるいは、リンクのボタンに画像を用いたり、反応として行動がとれるような方法を用意してください。 一般的に商品へと誘導するリンクが多いほど、コンバージョンが高まります。 したがって、リンクは少なくとも本文中に1つ、文末に1つ、最初に一つは入れるよ良いでしょう。 オンラインビジネスを構築して「理想のライフスタイル」を手に入れる 今、あなたは自分の仕事に満足していますか?忙しい・忙しい・辛い・辛い・とネガティブになっていませんか? もし、あなたがオンラインビジネスを構築しようと思っているなら、ぜひご相談ください。 「これからビジネスを始めようとおもっているけど、何から初めて良いかわからない」、「やり始めてみたものの思うような反応が全くない」というような、起業の地図も持たないままビジネスを始めると、あなたが欲しいと思っている「時間」と「お金」を失うばかりです。 相談(聞いてみる)は無料です。 下のリンクからフォームに入力して、ぜひご相談をお待ちしています。 ここをクリックして気軽に問い合わせてみる

Continue Reading

WEBマーケティングで見込み客から反応を得るための6つの基本ルール

こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。 あなたが個人でビジネスを行っていたり、これから行っていこうと思うときに、必ず必要になるのがオンラインでのマーケティングです。 とりわけ、WEB上でマーケティングを行うとき、見込み客から直接反応を得る「ダイレクトマーケティング」において守るべき6つのルールがあります。 この記事では、WEBマーケティングで見込み客から反応を得るための6つの基本ルールをご紹介していきます。 ダイレクトマーケティングの6つの基本ルール これからご紹介する6つのルールは、ごくシンプルなルールですが、これらを守ることで、効果を長続きさせ、長期にわたって揺るぎない事業基盤を作ることができます。 特にFacebookを活用したソーシャルメディアマーケティングにおいてもこれらのルールは必ず必要になります。 ルール1.反応を引き出すためにはオファーを提示 あなたがビジネスをする上で一番大切なのは「セールス」です。 セールスなくして、事業は成り立ちません。 ソーシャルメディアでマーケティングを行う場合、理想とする顧客に対して、「何をしてほしいか」という指示と、「それを今すぐやらなければならない理由」を明確に示したオファー(提案)と特典を提示する必要があります。 オファーは、魅力的で、時間的制約を付ける必要があります。 そして、行動を起こしてくれた人たちに、先行者的価値を与えられるものが望ましいです。 つまり、ふさわしい顧客にとって、やらない理由が無いものが理想的なオファーになります。 ルール2.すぐに反応しなければならない理由を提示 広告やマーケティングで利益をあげられるかどうかは、見込み客を説得できるかにかかっています。 今、見込み客があなたの投稿を見て、行動を起こそうとしています。 しかし、「またあとでやろう」とか「じっくり考えてからにしよう」と、行動を先延ばしにしてしまうかもしれません。 そうなると、永久に忘れ去られます。 我々は、どうしようか迷っている見込み客に、その一線を超えさせなければなりません。 思いとどまったり、躊躇させたりさせないような、「緊急性」のあるオファーであると思わせることが重要です。 ルール3.明確な指示を与える 多くの人は、指示に従うことに抵抗を示しません。 赤信号なら停止して、拍手する状況になれば拍手します。 マーケティングで失敗する残念なケースは、指示がわかりにくかったり、指示が与えられていない場合が多いです。 指示がなければ、見込み客は何も行動を起こしません。 つまり、情報を提供するだけでは、結果をえることはできないということです。 どんな小さなアクションでもいいので、見込み客に行動させるようにしましょう。 ルール4.追跡と測定 マーケティングによって利益を得たいと思うのであれば、適当な広告やマーケティング、活動に時間とお金を投資してはダメです。 直接的で、かつ正確な追跡や測定ができ、あとから振り返ることができる測定可能なものだけを使いましょう。 何事も「データによる裏付け」が必要です。 時間とお金の投資は、投資額以上で取り戻せるものか、予め設定した目標を満たすものでなければなりません。 そうでなければ、単なる浪費になります。 ルール5.フォローアップ せっかく見込み客があなたのマーケティングファネルに入っても、何もフォローしない人が多いです。 見込み客があなたの広告を見て、ホームページに訪れても、そこで終了。 セールスレターを読んで、問い合わせて来ても、質問に回答して終わり。 見込み客のメールアドレスや氏名などの情報を得る仕組みを必ず組み込んでおきましょう。 見込み客や既存顧客への働きかけを続け、関係を継続するフォローアップ施策が必要なのです。 ルール6.結果が重要 望んだ結果が得られていなものに、元来、お金を払う必要はありません。 結果なくして、どんな意見も受け入れないことが大切です。(自分の意見もです) 結果以外の情報は不要です。 ソーシャルメディアを使って集客する いかがでしたでしょうか、あなたのマーケティングでは上記の6つのルールは守られていますでしょうか? フェイスブックでお店の集客をしたり、ホームページに誘導したり、イベントの告知をしたりするときに使うと思いますが、うまく機能していますか? "なんとなく""こんな感じで"やっていませんか? もしあなたが少しでも思い当たるのであれば、オススメの書籍をご紹介します。 お金と時間を節約しながら、もっと効果を上げる集客やセールスの戦略が書かれています。 もしあなたが、少ない労働時間で、高い収入を得られ、顧客から「必要とされる」営業マンになりたいと思っているなら、 今すぐここをチェックしてみてください。 ↓ ここをクリックして本の紹介ページに進む

Continue Reading

【入門編】あなたの理想の顧客像

こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。 前々回・前回で、あなたの儲かるアイデアは、十分な市場規模であることを見極めることができました。 この記事では、入門編のラストとして、あなたの理想の顧客像を明らかにしていきましょう。 ペルソナを作成 ペルソナとは、あなたのターゲット市場に最も共通する特徴をもった顧客像のことです。 つまり、勝手に顧客を思い描くのです。しかも、忠実にです。 注意すべきことは、ペルソナは、1人に絞ります。 あなたの商品やサービスを購入してくれる理想のお客様を、唯一のペルソナに具現化することで、どのような人たちをターゲットにするか明確にできるからです。 複数のペルソナを作ると、メッセージがぼやけてしまい、誰にも刺さらない内容になってしまいます。 ペルソナのニーズにビジネスを集中させるために、典型的な顧客像(ペルソナ)を細かく特定していきましょう。 とにかく具体的に細部まで設定する あなたの理想の顧客像、ペルソナは一体誰ですか? 下のリストを使って、紙に書き出してみましょう。 ペルソナに必要な項目 性別 名前 年齢 顔写真 住んでいる場所 出身地 年収 趣味関心 悩み事 ・・・etc このようにあなたの理想の顧客像(ペルソナ)を作る理由は、常に、この人に向けてメッセージを書くからです。 顔写真もネットから理想の顧客像にふさわしい人の顔を見つけておきましょう。 どんな性格で、何を考えているのか、常にその人のことを思いながら生活しましょう。 その他、あなたの市場に特徴的なものがあれば追加しておきましょう。 A4用紙1枚にまとめ、印刷して、机の前に貼っておきましょう。 こうすることで、あなたの理想の顧客像が、一気に具体的な人物になりました。 あなたがビジネスを進めていく中で、まさにこの人にそっくりなお客様が現れるはずです。 ビジネスを0から立ち上げる人へ もし、あなたが、これからビジネスを始めようとしているなら(もしくは、まだ始めてまもないなら)、まずは「教科書通り」にまずはやってみることをおすすめします。 いきなり10段飛ばしをして、高度なテクニックを試すのは得策ではありません。 高度なテクニックは、基礎があってからこそできることであり、まずは基礎固めから始めていきましょう。 そのためのオススメの教科書があります。 基礎と言っても、ビジネスの必須かつ重要な原則を体得することができます。 ↓ 「リスト・ビジネスの教科書」の中身を見る

Continue Reading

【入門編】あなたのビジネス市場の探し方

こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。 前回、「【入門編】儲かるビジネスの探し方」という記事を書きました。 アイデアが見つかれば、次に市場調査のステップに進みましょう。 この記事では、市場とテーマの違いを理解し、市場規模を見極める方法をご紹介していきます。 市場とテーマの違い アイデアが、見つかれば市場とテーマを理解していきましょう。 市場とは 市場とは、同じ目的を持った人々の集まりのことです。 テーマとは テーマとは、コンテンツの主題であり、あなたが伝えたいことです。 重要なのは、「どのような人々を市場にするのか?」決めることです。 素晴らしいテーマを思いつくだけでは、不十分で、そのテーマを市場に合わせて提示することが必要です。 ターゲット読者のニーズに合わせる 市場によって提供するテーマは限定されませんが、それは市場のニーズに合う具体的なものにする必要があります。 そのためには、テーマだけに的を絞るのではなく、市場に的を絞る考え方が必要になります。 特定の市場が一番上にあり、その市場にとって役に立つコンテンツを提供しなければいけません。 あなたが、特定の市場の支持者になることであなたは様々なテーマについて語ることができるようになります。 市場の人々が成長するにつて、あなた自信も成長することができます。 最初はその市場のニッチからスタート ターゲット市場を特定したら、次は市場規模を割り出しましょう。 グーグル検索で、あなたの市場と"人数"と入れて検索し、その中から最も関係ありそうなものを探しましょう。 こうして検索することで、人々が何に関心を持ち、その数がどれくらいかを把握することができます。 また、そのテーマについて考える時、人々の共通言語も同時に発見することができます。 まずは、ニッチに焦点をあわせ、そのニッチが求めるニーズを満たすことで、提供できる情報を必要としている潜在顧客も引き出すことができるようになります。 市場調査の3つのステップ STEP1 市場とテーマの違いを理解 市場とは、「同じ目的を持った人々の集まり」のことです。 テーマとは、「コンテンツの主題であり、伝えたいもの」のことです。 まず、あなたは特定の市場の支持者にならなくてはいけません。 次に、市場固有のニーズに合うように、コンテンツを調整します。 市場はテーマよりも重要です。 STEP2 ターゲット市場の規模は? 市場が大きすぎれば、対象とする人々が多すぎてうまくいきません。 小さすぎれば利益が少なくなります。 程よい大きさの市場が必要です。 ターゲットの市場規模を割り出すには、「(市場を表すキーワード) 人数」で検索し、データを探しましょう。 STEP3 市場規模を見極める 市場のシェアについて、全体の20%ともなるとハードルが高くなります。 最初は3〜5%のシェアを狙っていきましょう。 もしターゲット市場が小さすぎれば、もう少し間口を広げたコンセプトにしましょう。 小さく始めて大きく育てる アイデアが決まり、市場規模を見極めることができました。 いきなり大きな市場をターゲットにしてはあなたはあまりに小さすぎます。 急がなくても必ず大きくなるので、まずは小さな市場から始めて、着実にあなたのビジネスを育てていきましょう。 その時、必ずあなたに必要なものは、リスト(見込み客)です。 この書籍「リスト・ビジネスの教科書」では、リストの集め方からビジネスコンセプトの決め方、優れたコンテンツの入手方法やマネタイズなど、 あなたのアイデアを形にするビジネスの作り方が書かれています。 もしあなたが、これからビジネスを始めて、自分自身のルールで生きていきたいなら。 誰からも拘束されることなく、働きたいように働きたいなら。 働きたい時に、働きたい場所で働きたいなら。 働きたい人たちと一緒に働きたいなら。 そして今よりも高い収入を得たいなら。 それだけではありません。 気軽に旅行に行ったり、家族と過ごしたり、趣味や人生を楽しむための時間をたっぷりと持ちたいなら。 ぜひ、この書籍を手にとり、この不公平な世界から脱出してください。 → この書籍の目次を見る

Continue Reading

0Comments

【入門編】儲かるアイデアの探し方

こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。 あなたが何かビジネスを始めようとした時、それは儲かるビジネスになるのだろうか? この記事では、儲かるビジネスになるアイデアの見つけ方について説明していきます。 アイデアを出す第一歩 まず、アイデアを考えるときは、以下の質問答えて見てください。 趣味や好きなことはなんですか? これまでに経験してきたこと、達成してきたことはなんですか? これまでに解決してきた問題はなんですか?(大小問わず) たとえ、わずかな経験でも、あなたがやり遂げたり好きでこれまでやってきたことを思い出してみよう。 さて、あなたが今思いついたものをビジネスにするためには、売れるものでなけれいけません。 売れなければ、単なる趣味となってしまいます。 それを見極めるために次に確認してほしいのが、「儲かるビジネスリスト」です。 儲かるビジネスリスト あなたが思いついたアイデアに当てはまる項目をチェックしてみましょう。 □ 稼げるようになる □ お金の節約になる □ 見た目を良くする □ 健康/長寿につながる □ 評判を高める □ 安心感を高める □ 安らぎを与える □ 自由な時間を増やす □ 人生を楽しくさせる 少なくとも2つはチェックが入るものでないと売るのは厳しくなります。もちろんチェックが多ければ多いほど、売れるアイデアとなります。 例えば、あなたが思いついたアイデアが「ヨガ」であれば、「見た目を良くする」「健康/長寿につながる」「安らぎをあたえる」がチェックされるでしょう。 大切なのは、お金儲けだけを目的にしないことです。 あなたのアイデア、これからあなたが行っていくビジネスは、あなたが本当に興味があり、情熱を注げ、世の中に伝える目的が感じられるものである必要があります。 そして、あなたのビジネスに相応しい「市場」はすでに存在していますか? 存在しているならそのアイデアは「売れる」ということです。 1つのアイデアだけではなく、3つのアイデアをまずは考えてみましょう。(アイデアは書き留めておきましょう) アイデア探し3つのステップ STEP1 アイデアを3つ書き出す このステップでは、どんな小さなアイデアでもいいので、思いついたものを書き留めてみましょう。 次の質問に答えて、ブレストするとアイデアが出やすくなります。 アイデア探しのための質問 ①趣味や好きなことはなんですか? ②これまでに経験してきたこと、達成してきたことはなんですか? ③これまでに解決してきた問題はなんですか?(大小問わず) STEP2 売れるアイデアかチェック あなたはまだ未開拓の市場を見つけようとしていませんか? 真っ先に市場に参入することが、必ずしも良いとは限りません。 同じ市場で同じものを売っている企業が何社かあれば、それはそのアイデアが売れることを意味しています。 STEP1 もっとも良いものを1つ選ぶ 3つのアイデアがどれも基準を満たすなら、最も情熱を注げるものを選びましょう。 そして、重要なことは「スタートすること」です。 何からスタートするか? あなたのアイデアが決まり、いざスタートするとなっても、一体何から始めれば良いのでしょうか。 それは、あなたのアイデアを探している人を見つけることです。 そのためには、あなたの情報を受け取ってくれる人を集めなければなりません。 ビジネスの業界では、これをリスト(見込み客)と呼びます。そして、これはどのビジネスをする上でも一番大切な資産です。 では、どうやってリスト(見込み客)を集めるか・・・ それは「リスト・ビジネスの教科書」という書籍に書かれています。 この書籍の作者は、情報出版やデジタルマーケティング分野でコンサルティングやコーチングを行って多くの起業家の成功をサポートしてきました。 Eメールで発信するインボックス・マガジンと呼ばれるビジネスモデルを中心に、立ち上げと経営、事業を大きく成長させるまでの実践的なステップをアドバイスが書かれています。 内容の一部をご紹介すると、 ・情熱を傾けられるアイデアを考える ・市場を精査し、理想的な顧客リストを構築する ・絶好のネーミングを生み、魅力的なウェブサイトを構築する ・ソーシャルメディアで売り込み、ファンを作る ・もっと読みたいと思わせるコンテンツを作り会員を増やす ・広告スペースを売り、他の起業家と提携する ・ビジネスを軌道に乗せ、規模を拡大する などなど、実践的な内容を一気に学ぶことができます。 ぜひあなたも、本書を教科書にすれば好きなことをしながら利益の出るビジネスの構築、成長させるという夢を現実のものにすることができるでしょう。 ↓ 書籍「リスト・ビジネスの教科書」の詳細はコチラから

Continue Reading

迷いが晴れる12プロセスのライティングガイド

こんにちは、海外ウェブサービスの中本です。 「文章を書こう!」と思い始めて、何時間も頭を抱えて、結局何もかけずに諦めた、、そんな経験はありませんか? どれだけ混乱した思考でも、一つの説得力のある文章にまとめてくれるのが、これから紹介するライティング・プロセスガイドです。 この記事では、誰でもカンタンに着地点に到達する12のライティング・プロセスをご紹介いたします。 プロセス1 ビジネスの目標を決める これからあなたがライティングをするのは、あなたのビジネス上、どんな目標があるからでしょうか? あなたは今から書くものによって、何を達成しようとしているのでしょうか? あなたが書くことは、"すべて"、常に最も大きな(会社やマーケ施策)目標と足並みを揃えたものでなければいけません。 プロセス2 アイデアを再構築する あなたが書くものが、なぜ読者にとって必要なのかを考えましょう。 彼らはなぜそれに目を留めるべきなのでしょうか?彼らに受け取って欲しいメッセージは何でしょうか?彼らにどんな価値を提供できるのでしょうか? 「どうして?/なぜなら・・・」の問を、同頑張っても見つからなくなるまで、とことん繰り返しましょう。 すると、あなたの書くものは、「読者への贈り物」となり、読者とのつながりが深くなります。 その内容をまとめたら、ページの冒頭においておきましょう。 こうすることで、ライティングの目的地がブレなくなります。 プロセス3 データと例を探し出す あなたの一番重要な主張を裏付ける、信頼できる情報にはどんなものがあるでしょうか? 例やデータ、実話、関連する逸話、タイムリーなニュースが内科探してみましょう。 忘れがちなのは自分自身の経験です。 個人的な話ほど普遍的に受け止めてくれるので、あなたが自分の話をすれば、読者と結びつくチャンスを最大限に広げられます。 客観的な統計や調査はないでしょうか? あなたの主張に関連した大失敗や大成功の経験を持つ人はいないでしょうか? その人達から経験談とアドバイスを聞けないでしょうか? こうしたことを考えつつ、自分自身の経験も思い起こしましょう。 プロセス4 構成を整理する あなたの主張を伝えるには、どんな構成が良いかを考えましょう。 クイズ形式やQ&A形式が良いか、それともHot to形式でステップを紹介するのが良いのでしょうか? あなたの顧客の体験談を紹介するのも良いかもしれませんし、あえて反対意見を取り上げるのもいいでしょう。 そのストーリーにもっとも適した形式を選んだら、概略、または大まかな構成に整理します。 プロセス5 ひとりに向けて書く あなたがその文章で助けたいと思うひとりの人物を想像してみましょう。 文章を書くときには、その人ひとりに向けて書くことが重要です。なので、「あなた」と語りかけます。 なぜ、その話題はその人にとって重要なのでしょうか? それを考えたら、その読者を最初から物語に組み込むようにしましょう。 シナリオを伝えるか、ストーリー形式で語るのがオススメです。 読者には、その話題を認識してもらい、自分の関係のある話題だと思ってもらわなければいけません。 プロセス6 見苦しい第一稿を書く この段階では、恥を覚悟で自分をさらけ出して、誰も読まないであろうと思うようなひどい文章を書きましょう。 読みやすさや文法が正しいかなどは一切考えなくて良いのです。 そういことはすべて後から考えます。 本当の勝負はここからです。この後のステップを実行することで、あなたは自分の文章にも読者にも敬意を表すことができます。 プロセス7 距離を置く 見苦しい第一稿を書き終えたら、第二稿を書き始める前に、いくらか距離(時間)を置きましょう。 いったん現行から距離を置くことで、自分の思考がうまく熟成し、文章をどのように扱うか、どうやって体裁よくまとめていくのかの準備ができるのです。 どれだけ時間をおくかはあなた次第です。ひとまず1日は寝かせてみましょう。 もしも、そんなに待てないのであれば、間に食事を挟むと良いでしょう。 プロセス8 書き直す 第一稿からしばらく時間をおいたら、その混乱状態のひどい文章をどうすればいいか、あなたの頭の中ではもうある程度見当がついているはずです。 それに従って、読者が読みたいと思うようなものに整えていきましょう。 ポイントは、頭の中で読者と自分の立場を入れ替えてみて考えてみましょう。 プロセス9 効果的なタイトルをつける タイトルや見出しには、本文を書くのと同じくらい時間を使います。 タイトルは、あなたが読者に何をどのように提供しようとしているのか、なぜそのストーリーを読み進めるべきなのかを伝えます。 これはコンテンツの重要な要素の一つです。 読まずにいられなくなる見出しを書きましょう。 読者を騙すこともなく、がっかりさせることもなく、彼らとつながり、友人との共有を促す見出しをどうしたらかけるか試行錯誤してみましょう。 タイトル付けのヒント ①好奇心をくすぐるギャップ ②直接訴えかける ③数字を使う プロセス10 誰かに編集してもらう 理想を言えば、あなたの書いたものを編集してもらうのは、文法・語法・表現・句読点などをしっかり理解している人が望ましいです。 プロセス11 読みやすさを再確認する あなたの書いたものは読む気をそそり、魅力があり、目を通しやすいものになっているでしょうか? 段落は短くまとまり、目立つ小見出しがついていますでしょうか? リストは正しく連番か箇条書きになっているでしょうか? 大抵の場合、長い文章はだらだらととっつきにくい印象を与えます。 エネルギーや躍動感に欠けます。 プロセス12 公開する前に、この質問に答える 「この文章を読み終えた後、次はなにをすればいいか?」 記事を公開するのは、この質問に読者目線で答えてからです。 読者にどんな行動をとってほしいですか? それが正しく伝わる内容にして、公開しましょう。 ライティングにはルールがある いかがでしたでしょうか? このプロセスに沿って思考すれば、あなたはもう二度と頭を抱えて悩むことはありません。 慣れてくれば、書きながらこのプロセスを追うことができるようにもなるでしょう。 ライティングは、習慣にすれば誰でも上達するスキルです。 基本的なルールを知って、人の心をつかむコンテンツを、スピーディに的確に書き上げることができます。 こうした基本的なルールはまだまだたくさんあります。 今回ご紹介した12のプロセスはそのルールのごく一部にしか過ぎません。 もっともっと知りたいという方は、この本をぜひ手にとって見てください。 書籍:コンテンツ・マーケティング64の法則 この書籍では、「ライティングは、アートではなく、スキルである」と言い切っています。 また、「基本的なスキルを身に付ければ、誰でも書けるようになる」と断言しています。 そして、書くための具体的な方法(64個もの法則!)を教えてくれるのです。 もちろん、具体的な事例もたっぷり紹介されています。 もっとうまく書くことができれば、もっと顧客や見込み客にアピールするコンテンツを作れるでしょう。 書く技術を諦めることは、顧客や見込み客と接する機会、説得する機会をドブに捨てているようなものです。 ↓ ここをクリックする、書籍の紹介ページに飛びます(目次有)

Continue Reading

0Comments

起業家特性解説⑩:「自律性」

こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。 会員限定の記事ではありますが、「【会員限定】成功するために必要な起業家特性と起業家力診断テスト」の中で、「自律性」という言葉を使いました。 この記事では、「自律性」について解説していきます。 【会員限定】記事は、無料会員登録をしていただいた方のみ閲覧できます。 会員専用のコンテンツや【会員限定】と書かれている記事を閲覧することができます。 起業家と成功するには、自分で自分を管理できなくてはなりません。 自分自身に責任が持てないのなら、責任を持つのが嫌なら、起業家に向いているのか真剣に考え直す必要があります。 自己管理ができない人は、人の管理にお困難をきたす結果にきまっており、起業家として成功することはできません。 また、結果にこだわりながらも柔軟であることが大切です。 成功に至るための計画は変わるものだからです。 計画することの価値は、計画そのものではなく、それで学んだことや思考過程にあります。 仕事では、必ず最重要事項に取り組むようにしてください。 会社での重要な役割すべてにあなたが時間を費やせるように、最優先の作業を3つ特定し、時間割を活用しましょう。 あなたには、「自律性」がありますか? 診断テストもありますので、ぜひコチラの記事でチェックしてみてください。 → 【会員限定】成功するために必要な起業家特性と起業家力診断テスト 【会員限定】記事は、無料会員登録をしていただいた方のみ閲覧できます。 会員専用のコンテンツや【会員限定】と書かれている記事を閲覧することができます。 起業に関するおすすめの書籍 もう一つ、起業に関するおすすめの書籍をいくつかご紹介しておきます。 タイトルで「ピン」と来たら、ぜひ手にとって読んでみてください。 Have the courage to follow your heart and intuition. by Steve Jobs 起業に関するおすすめの書籍 臆病者のための科学的起業法 大富豪の起業術 シリコンバレー発 会員制ビジネス起業術 一生、お客に困らない!日本人の知らなかったフリーエージェント起業術 コンサルタント起業成功法則大全

Continue Reading