地元の商工会議所や記念パーティ・・・これらは、人脈を広げるためにまたとないチャンスです。

しかし、ただ漠然と名刺を配って挨拶して回るだけでは、絶対にNG

せっかくの社交の場を本物のネットワーキングのための集まりに変えていきましょう。

今回は、そんな交流会の場で、あなたがどのように振る舞えばよいか7つのステップでご紹介していきます。

まず、この集まりに参加した理由はただ1つ、「働くためだ」という事実を理解しなくてはいけません。

あなたの仕事は「有望な見込み客」という資産を増やすことです。

もちろん、楽しみがあってもOKです。それでも我々は、仕事をしに交流会に行くのです。

STEP2.積極的に交流する

これは「誠実な政治家」になるという意味です。

誠実に、かつ自身をみなぎらせ、気さくな態度をとりつつ、感覚は勝負師のように研ぎ澄ます。

笑顔を忘れず、人当たりよくすることが大切です。ここがスタートです。

STEP3.はじめての人に自己紹介する

一番いいのは、「中心人物」に挨拶をすることです。

誰にとっても馴染みがあり、みんなから慕われ、信用されている人物です。

そういう人は、あなたが知り合いたい人たちを数多く知っています。

1対1で話せるタイミングを伺い、礼儀正しく控えめに挨拶をしましょう。

中心人物を見極める方法

交流会などでは、参加者はだいたい4〜6人でグループを作ることが多いです。各グループには、仕切り役、グループの暗黙のリーダーが存在します。
その人が口を開けば、皆がそちらを向き、その人が笑えば、皆も笑う。良い知り合いが多いのは、大概こういう人物です。そういう人物に目星をつけましょう。
そして、そのグループの輪が崩れ、1対1で話せるときが、声を掛けるタイミングです。

STEP4.相手について話す

◯◯さんの仕事では、どんな人が見込み客として脈アリですか?紹介できる人が現れたらおつなぎできるかもしれないので、特徴を教えてください

こんな質問をすれば、相手は気分良く顧客の特徴を教えてくれるでしょう。

効果絶大なキラー・クエスチョン

「〇〇さんの仕事では、どんな人が見込み客ですか?紹介できるかもしれません。特徴を教えてください。」
この質問は、かなり効果が高いです。必ず行うようにしましょう。相手もきっとあなたのことを覚えてくれます。

STEP5.名刺をもらう

相手から名刺が欲しいと言われたら、もちろん渡せばいいのですが、大切なのは「相手の名刺」をもらうことです。

ここまで終わったら、次の中心人物に取り掛かります。これを時間と相談しながら繰り返していきます。

中心人物位以外でも・・・

中には、今は中心人物ではないが、将来中心人物に成長する人もいるはずです。人柄が良さそうな人がいたら、これまでのステップを行っていきましょう。

STEP6.偶然を装い、名前で呼ぶ

他の人といくらかか歓談し、一旦別れます。そのあと、オードブルのコーナーで、「たまたま」タイミングよく出くわします

そこであなたは明るく、「どうも!加藤さん、楽しんでいらっしゃいますか?」と声をかけるのです。

偶然を装って会いに行くわけです。

なぜこれが効果的なのか?

2回も会いに行くなんてめんどくさい、と思うかもしれませんが、この一手間が相手に強烈な印象を残すのです。なぜなら、今にも忘れかけそうなあなたの名前を、このように話しかけると覚えてくれるのです。

STEP7.知り合った人同士を引き合わせる

あなたは少なくとも数人の有望な人物とコンタクトをとることでしょう。

今度は、その人達同士を引き合わせてみましょう。

これはネットワークの集大成とも言えるテクニックです。

理想を言えば、紹介した者同士が、お互いに利益にある関係を作れることです。

クリエイティブな仲立ち

仲立ちのあなたは、お互いを紹介し、それぞれどんな仕事をしているか、どんな見込み客を探しているか、あなたの口から説明します。
すると、2人ともあなたが真剣に話を聞いてくれていたことを思い出します。

マル秘人脈活用術

実は、この方法は、この書籍「マル秘人脈活用術」にかかれているテクニックなのです。

あなたは、自分の商品やサービスをどのように売り込んでいるでしょうか?

次から次へと新しい顧客に営業をかけることに苦痛を感じているかもしれません。

また、新しい見込み客を見つけるために、必死になって走り回っている人もいるでしょう。

中には、営業先を探せずに、ただ売上の見通しが立たない戦慄の日々を過ごしている人もいるかもしれません。。

本書を読めば、そういった苦痛の日々から抜け出すことができます。

自分から営業するのではなく、向こうから勝手に見込み客が列を作ってやって来るようになるのです。

それこそが、“紹介の連鎖”です。

有望な見込み客が勝手に集まってくる最強の人脈ネットワーク・システムであり、

日々の出会いが売上に直結する人脈活用術なのです。

これって、せこいですか?

それとも、このノウハウを手に入れてあなたの将来のお客さんやクリエイティブな人脈を増やしますか?(クリックして書籍の紹介ページに進む)

スポンサードリンク



Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA