こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。

日本人はよく勤勉言われ、長時間労働大国で世界的に有名です。

しかし、日本人の労働生産性は、海外と比べてとても低いことはご存知でしょうか?

そうです。働きすぎると、逆に生産性は低くなってしまいます。

では、なぜでしょうか?

今回は、欧米と日本の働き方の違いをご紹介していきたいと思います。

1.「仕事より家族」の文化

日本ではよく、「仕事と私、どっちが大事なのよ!」と言われますが、欧米ではいちばん重要なのは「家族」と過ごす時間です。

これはもう社会的にそう決まっているのです。(常識)

しかし、人生で多くの時間を費やす「「仕事」も2番目に大事です。だからこそ「残業しないように必死に頑張る」のでしょう。

意外とこの質問、日本人にしたら、「仕事」と心の中で思っている人は多いのではないでしょうか?(決して口にしないでくださいね)

2.「残業するやつは仕事が遅い」

もちろん、欧米にも仕事人間みたいな人はいます。しかし、そういう人は相当稼いでいます。

そうでないのに残業ばかりしているのは、単に仕事が遅いか、能力が低いとみなされてしまいます。

会社で残業しなくても、日本人は家に仕事を持ち帰りますよね。

3.給料体系が年棒制

最近日本でも増えてきていますが、アメリカなどでは、基本的に年棒制なので残業代などがでません。なので、残業するだけ時間の無駄なのです。

効率よく仕事をこなせる人のほうが優秀なのは、言わなくてもわかりますよね。

4.簡単にクビを切られる

日本にいたら欧米の職場環境は働きやすそうに見えますが、実際は非常にシビアな社会です。

嘘かと思われるかもしれませんが、「明日から来なくていい」と言われてしまいます。

日本みたいに労働基準法で甘やかされていないのです。

したがって、「働く時間」よりも「どれだけ成果を出すか」のほうが重要なのです。

5.「自分は自分」の価値観

欧米では結婚記念日に花束を買って早く帰ってもだれも咎めません。

しかし、日本ではみんなが残業していれば、デートを犠牲にしても一緒に働いています。

「もともと定時に帰れないなら、頑張って仕事を終らせる意味がない」という考えが、労働生産性を低くしているのかもしれないですね。

あなたも長時間働いていませんか?

「効率が悪いぶん、長く働くことで利益を生み出そうとしている」状態に陥っていませんか?

それは、あなたが仕事以外に使える大切な時間を削っていることになりませんか?家族との時間、プライベートの時間をもっと大切にしながらこれまで以上に生産性を高められたらいいと思いませんか?

それには、「パフォーマンスアップのための働き方」が必要になります。

闇雲に「もっと頑張る」のでは、一向にパフォーマンスは向上しません。

私達のエネルギーは有限なので、そこにフォーカスしなければなりません。

パフォーマンスを高めるためには、我々を動かす4つのエネルギー(身体・情動・頭脳・精神)をしっかり意識して管理する必要があります。

そのために必要なのは、「休む」技術です。

書籍「忙しい社長のための「休む」技術」には、あなたのパフォーマンスを効率的に高めるちょっとずるい「パフォーマンスアップ術」がたくさん書かれています。

ぜひ、あなたもこの本から「身体」「情動」「頭脳」「精神」に必要な情報を得てください。

→ 忙しい社長のための「休む」技術

スポンサードリンク



Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA