40年以上マーケティング業界のトップを走り続ける「億万長者メーカー」と呼ばれる人がいます。

彼がこれまで考案してきたマーケティングのシステムや広告は、すべて「3M」に基づいているという。

3Mとは一体なんだろうか?

マーケティングには3つの構成要素があります。これらは、どんなものにも、どんな場所にも、どんなときでも、どんな価格でも、誰に対しても、どんな状況でも当てはまります。

この3つの要素は、順番に並んではいません。順番をつけられないからです。すべてが等しく重要なのです。

また、これは閉じた三角形をしています。3つの構成要素は、1つ1つが他の2つに力を与えています。

「3M」とは、「マーケット」「メディア」「メッセージ」

冒頭で紹介した”億万長者メーカー”は、これまで実施してきた何百にも上るマーケティングの施策は、すべてこの「3M」に基づいています。

つまり、この「3M」なくしては、マーケティングにおける成功はありえないということです。

では、この「3M」とは何を指すのか?

3M ー

  • マーケット(Market)
  • メディア(Media)
  • メッセージ(Message)

の頭文字である。

「マーケット」

「マーケット」は市場のことですが、彼は、「誰に売るか?」と表現しています。

さて、あなたが売るべき「誰」は、明確に定まっているでしょうか?

メディアを使う時、あなたは「誰」をターゲットにしているのでしょうか?

メッセージを発信する時、それは「誰」の心に響くものでしょうか?

自分にとって救いたい人は「誰」なのでしょうか?

「誰」があなたの商品やサービスを必要としているのでしょうか?

「誰」がわかれば、届けるメッセージや場所が変わってくるのがわかります。

「メッセージ」

あなたが決めた「誰」に最も適切なメッセージを用意する必要があります。

そして、メッセージを伝える時に添えるあなたがオファーする”もの”を意味します。

お客さんが魅了を感じる商品は、私だけに送られるメッセージなのです。

明らかに私に向けられた、私についてのもので、私自身や、私の悩み、不安、情熱、希望にマッチしていたら、お客様から喜ばれるのではないでしょうか。

「メディア」

メディアと聞くと、テレビや新聞、雑誌などをイメージするかもしれないが、決してそれらに限ったことではありません。

あなたにとって「誰」が見ているものが、あなたがメッセージを発信するべき場所で、最も重要なのです。

あなたにとっての「誰」は、どのメディアを見ているでしょうか?

できるだけ多くのメディアを使い、あなたの理想のお客さんがいる場所を見つけましょう。

不況に強い

彼のマーケティング戦略には、この「3M」が必ず登場します。

もし、あなたが事業家でであったり、マーケティングの担当者であったら、今の方法に行き詰まりを感じたことはありませんか?

悩んで悩んで考えた挙げ句行った施策も、ほとんど成果が出なかった。。。

という話はよくある話です。

ではどうやって効率よくマーケティングを仕掛けるのか?

この記事で紹介した「億万長者メーカー」が使っている、

成功している事例を、あなたのマーケティングやプロモーションに変更して使うだけで、

時間短縮にもつながるし、成功する確率も高くなります。(学ぶ=真似ぶ)

しかしほとんどの人は、一から自分で考えてしまうために、時間を無駄にかけたり、行き詰まりを感じてしまっています。

このように現場で起きてる問題の解決法、現場で使える成長戦略、マーケティング戦略などを、この本「億万長者の不況に強いビジネス戦略」で教えてくれます。

  • これはモチベーションを上げるための本ではありません。
  • 理論だけを覚えて、知識を増やすだけの本ではありません。
  • 「いい話を聞いた」と、それだけで終わる本ではありません。

もしあなたが、事業家として成功するための現実的な方法やプロセスなどを学びたいのであれば、是非この本を読んでみてください。

ビジネスに活用できるアイディアが、たくさん詰まっています。

億万長者の不況に強いビジネス戦略

スポンサードリンク



Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA