こんにちは、海外ウェブサービスウォッチャーの中本です。

仕事で成果を上げたり生産性を高くするためには、あなたの今いる環境を整えなければいけません。

この記事では、「もっともっと仕事に集中できるオフィス環境を変える12のポイント」をご紹介していきます。

疲れているときや頭をスッキリさせたいときは、部屋を明るくする「蛍光灯」。リラックスしたいときや、訪問客に温かみのある雰囲気を伝えたいときは、「ランプの間接照明」。集中して作業するときは、机の上を照らす「補助灯」。照明は、活力や気分に直接作用するので、いくつか照明を用意して、用途によって使い分けましょう。

2.作業スペースを作る

机とキャビネットは、自分の仕事のスタイルを考えてより適したものを選びましょう。家具は出費がかさみますが、ここを惜しんではいけません。

3.”ひらめきのもと”を手元に置く

よく参考にする本やひらめきのもとになる本は、椅子から立ち上がってすぐに手が届く範囲におけるようにしておきましょう。市販の本棚でもOK。

4.椅子にこだわる

「椅子」は家より車より大切なものです。普段8時間以上も椅子に座って過ごすので、お金と時間をかけて良いものを手に入れましょう。ベットも同様に大切です。

5.「キッチンタイマー」を机に置く

集中のためには適度な休憩が必要です。仕事の内容に応じて30〜1時間ほどでタイマーをセットしておきましょう。タイマーがなったら5分〜10分間体を動かすようにしましょう。

6.すべての物に住所を与える

すべてのモノにはそのための場所があります。文房具やペンケースはもちろん、メガネケースなどにも住所を与えておきましょう。モノがなくなったり、探したりする無駄な時間を減らすことができ、いつでもきれいに整頓されたオフィスになります。

7.「書類受け」☓2、「フォルダ」☓2

書類受けとフォルダは2つずつ用意しましょう。1つの書類受けは、他の人が書類を入れるためのもの。もう一つは自分専用。1つ目の書類受けから、その日に片付ける重要なものを選び、自分用の書類受けに移動させます。自分用の書類受けに入っているものは、その日中に空にしましょう。フォルダは、各月用とその日用に分けておきます。

8.「緊急時」用の引き出し

緊急時用の引き出しを2つ用意し、1つは事務所にいる時必要な細々したものを入れておきます。もう一つの引き出しには、急な会合などのために、クリーニング済みのシャツやネクタイを入れておきます。事務所に予備の歯ブラシや常備薬などあればここに入れておきます。

9.訪問客用に壁時計をかける

ミーティングの最初には必ず時計を確認し、目の前にある問題解決に何分掛かるか確認して望みましょう。訪問客に時間を意識させることもできます。

10.おもてなしのミニバーを設ける

オフィスから出て、気分転換にカフェに行くのは時間の無駄です。また突然の訪問客に少しリラックスできる環境を用意するためにも、簡易的なバーを設けて、アルコールやソフトドリンクなどをおいておきましょう。

11.オフィスにグリーンを置く

グリーンは周りに酸素を放出し、見た目的にも雰囲気を和らげてくれます。スペースに余裕があれば大きな観葉植物がおすすめです。

12.自分を表すモノを置く

家族の写真や仕事で授かった賞状、偉人の格言、好きな絵画など、少なくとも1つは飾っておきましょう。訪問客に対して、自分が伝えたいメッセージを伝える役目もしてくれます。

+α オフィスにベットを置く

必要なときに十分に仮眠をとれるベットを用意しておきましょう。睡眠時間が短かったり、疲れきってしまったときには、横になって15分〜30分仮眠をとることでリフレッシュすることができます。

生産性をアップするために、オフィス環境を整えることはとても大切なことです。

この本にも書かれているように、1日の中で多くの時間を費やす職場環境だからこそ、

仕事場を合理的に整頓すれば、ストレスを減らして、もっと多くの仕事をこなせるようになる

もしあなたが、

健康、お金、知恵、そして幸福を手に入れるために、成功した人たちが実際に行っている、

「具体的で現実的な8つの行動」

に興味があるなら、これをチェックしてみてください。

→ 大富豪の仕事術

スポンサードリンク



Leave a Reply

Your email address will not be published.

CAPTCHA