Upworkとは?(アップワーク)

Upwork(アップワーク)は、海外の優秀な人材に仕事を直接依頼することができる、クラウドソーシングサービスです。

海外のクラウドソーシングサービスの代表格

2015年にオンラインワーキングのパイオニア、ElanceとoDeskが合わさってできたUpwork。

オンラインワークプレイスを持つ2つのクラウドソーシングサービスが、oDeskのプラットフォームをベースに新しいミッションを掲げて新しい名前に変わりました。世界中で活躍プロフェッショナルな企業や個人が、仕事を依頼したり仕事を受注したりできるサービスです。

Upworkの特徴

多くの場合、ウェブデベロッパー、プログラマーやデザイナーが人気の仕事ですが、現地に住んでいる日本人に翻訳を依頼したりすることもできます。日本のクラウドソーシングサービスで一般的な職種は網羅されています。

それぞれのフリーランサーにはその技術レベルや、どれくらい仕事をこなしているか、目安の単価はいくらかなどのプロフィールページもありますので、候補を絞り込むこともできます。

また、フリーランサーの技術レベルを評価するものとして、簡単なテストのスコアも公開されており、信頼できるパートナーを探すことができます。

upworkcate

Upworkの数字

登録フリーランサーの数:1000万人以上

年間実績金額:10億ドル以上

年間ジョブポスト数:300万件

登録クライアント数:400万人以上

世界中で活躍する人がいるので、日本と比較すると圧倒的に高い数字が見て取れます。

それだけ双方の仕事のマッチングが起きやすいのではないでしょうか。

実際に利用したことがあります。

もちろん日本からも仕事を依頼することができます。私はまだ名前がoDeskだったころ、会社のブロッシャー(パンフレット)の翻訳を、アメリカ在住の日本人に依頼することができました。

日本では日本人の翻訳料金は高いと感じており、クオリティは様々で、翻訳会社もピンからキリまでありました。

どこに出しても結局同じことだと思っていたところに、この海外のフリーランスを雇って翻訳してもらったらどうかを思いジョブをポストしました。

個人とのやり取りなのでコミュニケーションが円滑に行われ、ビジネスではあるものの友人に依頼する感覚で仕事を発注することができます。

もちろん、単価やスキル、ジョブスタイルなどは様々なので、いろいろな人に仕事の提案をして、反応を見ながら実際に発注する人を決めました。

その後も個人的に何度か翻訳の依頼をさせていただいたり、今でも継続的なビジネスのキッカケになっています。

 

「Upwork」への各種リンク

HP:https://www.upwork.com/

Facebook:https://www.facebook.com/upwork

Twitter:https://twitter.com/Upwork

Youtube:https://www.youtube.com/channel/UCvxGFOnwUBDHHcxuPqhe4CQ

Google+:https://plus.google.com/+Upwork/posts

Linkedin:https://www.linkedin.com/company/upwork

この記事を読んだ感想をお聞かせください

この記事を読んだ感想や思いついた事などを一番下のコメント欄に記入してください!

「シェア」や「イイね」もぜひお願いします!